自然のカタチを変えずに、建てることのできる家(しかも、快適!)

自然を存分に楽しめるとか、エコを売りにしている建物はたくさんある。けれど、いくら建物自体は環境に優しくても、それを建てるために伐採したり汚したり。自然のカタチを大きく変えざるを得ないことも。

そこで今回は、デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウスを紹介したい。

並び変えられる「連結」する家

建てるためにスペースを作るのではなく、隙間に建てることを意識して作られた背の高い円筒型の『House Cylinder』。このスマートなデザインのおかげで、木を避けながら円筒を自由に組み合わせることができるのだ。

自然を鑑賞する施設ではなく家と言っている限り、人が入るには窮屈に見える外観がどうも心配。もしかしたら、そう思う人もいるかもしれない。

だけど、そこにもちゃんとこだわりがある。「連結」できることで、一軒の家として拡張することができるのもtown.and.concreteのこだわりなのだ。

繋げれば繋げるほど広々とする空間。中に仕切りや廊下はないので、開放的で身も心もゆったり。

自然を目の前にできる大きな窓。森林の中にHouse Cylinder建てれば、優しくふりそそぐ木漏れ日を感じることができるだろう。

フランスのリヨン近くの森に建てることを想定して考えられたデザイン。その場所の良さを極力変えない。ありのままの“自然のカタチ”を楽しめる、環境にも人間にとっても「心地良い」家なのだ。

Licensed material used with permission by town.and.concrete
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナイブル...
多拠点居住のニーズが高まりつつある現代では建築も多様化している。その土地の自然と融合する「SOL house」は、現代人の“自然と触れ合いたい”という欲求...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
イギリスで出版された絵本『グレタとよくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子』が2月に日本でも発売。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...