自然と、ちょっと向き合う。「雨を降らせる家」に込められたメッセージ

蛇口をひねれば水が出ることに慣れてしまっている私たちは、その循環を体感することなんてそうそうない。というより、その必要もなくなってきていると言えるかも。でも、野原に現れたこの一風変わった家の椅子に座ると、不思議な体験が私たちの感覚を呼び覚ますみたいだ。

揺り椅子がスイッチ
座ると雲から雨が降る

032731865d34f2db2e514d7a7db47669868c522a

この建物は「CLOUD HOUSE」。中にある揺り椅子に座ることで、屋根に取り付けられた雲のオブジェから雨を降らすことができる。

仕組みは単純明快。この家に自然の雨が降ると、屋根に当たった水が地下のタンクに貯蔵される。人が椅子に座るとそれがスイッチとなって、水が上に送られ、設置された雲から再び雨となって降り注ぐ。一種のリユースというわけ。

19325afb8c964aa306969a2602453ebe666e2c68

でも、どうしてこんなものを作ったのだろう?

実はこの家、屋根を叩く雨の音を楽しめるだけじゃなく、水についてちょっと立ち止まって考えるきっかけをくれるのだ。

「雨を収穫」する流れを
もう少し深く見つめてみる

6dda7abea0c5bfe46fca07ba382cef44840de205

この家について、製作者のMatthew Mazzottaさんはこう述べている。

「この『雨を収穫するシステム』は、僕らの食べ物を作っている自然の仕組みを描いているんだ」。

たしかに「溜まる、上に行く、降る」という単純な構造は自然界の水循環の仕組みに似ている。私たちが普段摂取する食べ物も、こうした水の流れによって生み出されているのだ。

97f5c701c14c9be29eadc7f2be2367fc8c83b852

雲から雨が降ると、窓際の植物に水が染み出していく仕組みになっているのも、そのことを意識させようとしてるのかもしれない。

開放的な構造、木をメインに用いたシンプルなデザイン、自然に習ったシステム。雨水を再利用したアートとして、この家は不可思議な雰囲気を醸し出しつつも周囲にうまく馴染んでいる。ここで水の音に耳を済ませたら、自然の中に自分も溶け出していくような気分になりそうだ。

「水」から「自然」を
感じるひと時

Aa1b61c67a5023f602e95b207b0d7bf05bb9542d

雨水を集めて降らせるシステムなので、降水量の少ない年には椅子に座っても雨が降らない。この家は自然を率直に映し出している。普段何気なく、思うままに使っている水だけど、その流れを見つめなおすだけで、生活に対するいろいろな面での向き合い方も変わりそう。

詳しい動きは、以下の動画でぜひ確認を。

Licensed material used with permission by Matthew Mazzotta
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
家を出るときに雨が降っていたら、なんだか憂鬱になってしまうもの。傘をさす手間が増える、お気に入りの服が濡れる、何より心までどんより…。そうやって、いつしか...
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
気分が沈みがちな雨の日に、心だけでも“晴れ晴れ”とーー。コレは、そんな願いが込められた特別な傘「Colour Changing Umbrella」。一見す...
体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
夢の中に出てくる雨は、現実とは少し違う意味を持ちます。シチュエーションも含めて、詳しく解説していきましょう。雨の夢に秘められたメッセージとは・しとしと雨が...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
日常と違った目線で世界を見せてくれるフォトグラファー、Guido Gutierrez Ruizさん。彼は、雨が止んだ後の水たまりに写る景色を撮っている。そ...
下の動画では、0分30秒から実際に建築していく様子が確認できますが、出来上がりもイイ感じ。さっそく見てみましょう。この建物に使われているのは、基本的に木材...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
「ご主人様。本日は雨の予定でございます。傘をお持ちください」家を出るとき、そんな風に言ってくれる執事がいたら、なんて嬉しいことでしょう。いちいち天気予報を...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
雲の流れが速く「一日に一度は雨が降る」といわれるロンドン。雨に慣れっこな人々は、いちいち傘を持ち歩かなくたって、しばらく待てばすぐに雨が止む。こう考えてい...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
青い海、白い建物。まるでギリシャ・サントリーニ島にいるかのような気分を味わえる場所が、東京から車で1時間ほどのところにある。葉山「THE HOUSE」は、...
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...