この絵の凄さが「5秒」でわかったら、それこそ凄いかも。

2度見どころか“5度見”した。最初は、壁に描かれている「普通の絵」だと思ったから。

ドッカーン!

ストリートアーティストであるVhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。

完成したものを、写真や動画ではなく直接目の前にしたとしても、あまりの驚きに、この絵の凄さを理解するのに時間がかかるだろう。

すべてのグラフィティが、爆破によって描かれているわけではない。時には、ミノやドリルを使って、少しずつ丁寧に丁寧に仕上げることも。

壁に浮き上がるのは、どれもなんだか穏やかな顔。私にはまるで、街を見守っているように、見えてしまった。

Licensed material used with permission byVhils

【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!