この絵の凄さが「5秒」でわかったら、それこそ凄いかも。

2度見どころか“5度見”した。最初は、壁に描かれている「普通の絵」だと思ったから。

ドッカーン!

ストリートアーティストであるVhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。

完成したものを、写真や動画ではなく直接目の前にしたとしても、あまりの驚きに、この絵の凄さを理解するのに時間がかかるだろう。

すべてのグラフィティが、爆破によって描かれているわけではない。時には、ミノやドリルを使って、少しずつ丁寧に丁寧に仕上げることも。

壁に浮き上がるのは、どれもなんだか穏やかな顔。私にはまるで、街を見守っているように、見えてしまった。

Licensed material used with permission byVhils

【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。 「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
イギリスのInstagramでムーブメントとなっている「Run 5 Donate 5 Nominate 5」の紹介。
親子でビートボックスをしてる時点でファンキーですが、この動画のバトルの何が凄いってとにかくハイレベルすぎるんです!特に、動画後半(#01分56秒から)は鳥...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイに住む若干19歳のアーティスト、スーシャント=S=レーンさん。独学でこの...
ロンドンに拠点を置くラグジュアリーカスタムショップ「Truly Exquisite」が、24Kゴールドで仕上げられた「PS5」の予約販売を受付中だ。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
アートディレクター/プランナーの佐藤ねじさんが作った「5歳児が値段を決める美術館」。これはねじさんのご子息が、4~5歳の間に作った“作品”の数々を販売する...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...