「やわらかい鍵盤」のシンセサイザーが凄い!ウッドベースの音程も自由自在

キーボード界に革命が起きた!と話題になった「Seaboard」ですが、その存在を知る人は、まだまだ少ないかもしれません。

これは、ノラ・ジョーンズを発掘したとも言われている、世界最新の音楽とテクノロジーの祭典「SXSW」のアクセラレータ部門で、過去に優勝した製品。その特徴は「柔らかい鍵盤」にあります。一体どんな演奏ができるのか、動画を見てみましょう!シビれます。

ウッドベースの音を使っている最初の指使いからも分かるように、音程の間を繋ぐような演奏が可能に。触れている指を左右にユラユラさせると、音もユラユラ!圧力も感知するので、ピッチや音量がより直感的に操作できるんです。

さらに、鍵盤の上下にある平たいスペースも利用可能。指をスーっと左右に走らせれば、まるでテルミンのようなメロディにも。もちろんシンセサイザーなので多彩な音色が使えます。たとえば、こんなふうに。

生演奏のもつ、ゆらぎまで指先で表現できます。デジタルミュージックが好きな人にもたまらない操作感に。本体の黒い見た目もクールですよね。しかも、

スマホで遊べる!

無料アプリ「NOISE」をダウンロードすれば、スマホでその弾き心地を体験できます。豊富な音色を取り揃えたプリセットもあるので、これだけでも十分楽しめるはず。iPad画面のサイズなら、かなり本格的にプレイできるかも。

さて、気になるのは本体の価格ですが、トラックパッド付きの機種が、比較的手頃な価格で手に入るんです。それがこの「Seaboard RISE」シリーズ。

左手にパッドが設置されており、上から順に47鍵と25鍵仕様。それぞれ1199.99ドル(約14万円)と799ドル(9万3,500円、ケース別)。

そのほか、より多彩でパワフルな演奏が可能な上位機種「Seaboard GRAND」シリーズはコチラ。

37鍵・61鍵・88鍵と3種類。価格はそれぞれ、1,999ドル(約23万4,000円)・2,999ドル(約35万円)・8,888ドル(約104万円・送料込み)。

プロならずとも、ちょっと触って遊んでみたくなりますよね。それに、気合が入りすぎて、いつも鍵盤に指を置きながらのけぞってますーーという熱いミュージシャンには、これ以上ないピッタリの楽器では?

その他の詳細はWEBサイトでチェックしてみて!

 

Licensed material used with permission by ROLI Ltd
本体のマイクで録音し、あとはツマミをひねったりスライドさせるだけ。使いたい音の周波数を部分的に加工でき、鍵盤を弾けば音がでます。ふたり同時に演奏ができるよ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。
小さくて不思議な形状のキーボード。これは、イギリスのROLI社から発売された「Seaboard Block」。平らな形状でキーの境目も曖昧。一見キーボード...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
オランダのロッテルダムに本拠を置く「ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団」と地元企業「シニアサービス」がコラボし、ベートーベンの第9交響曲を演奏している...
人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしい気も。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまうほど感動がある。はじめに女の子が鍵盤を踏み、いい大人たち...
ホームパーティーや懇親会などに手軽に生演奏を呼ぶことのできる音楽サービス「Musicalu」。呼ぶ側も呼ばれる側も納得の新たな試み。
このアリーナは、ゼロウェイストで運営がおこなわれ、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。
ナイジェリアに住むティーンエイジャー3人で構成された「Ikorodu Bois」というコメディプロジェクト。ミュージックビデオや映画のトレーラーをさまざま...
まずは、目を閉じてこのサウンドを聴いてみてください。映画『スター・ウォーズ』でおなじみの、あのテーマソングを演奏している動画ですが…。終わるまで目を開けず...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
スマホでの動画撮影は、もはや日常にありふれた行為。手ブレを抑えるスタビライザーは、すでに多くの種類が発売中です。でも、ここで紹介する「SMOVE」は、スマ...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...