録音した音を、その場でいじって演奏できるシンセサイザー「Collidoscope」

本体のマイクで録音し、あとはツマミをひねったりスライドさせるだけ。使いたい音の周波数を部分的に加工でき、鍵盤を弾けば音がでます。

ふたり同時に演奏ができるようですが、その機能や見た目の可愛さには注目です!

録音・加工・演奏が
リアルタイムにできる!

まずは、本体のマイクからシンセサイザーへと楽器の音や言葉など、なんでもいいので"音"を録音していきます。

画面には周波数が表示され、どの部分を使用するか選択可能に。

ツマミを回すと選択範囲、移動させると使用する部分がそれぞれ指定できます。幅が狭いほど短いスパンで音が繰り返しリピートする模様。

鍵盤は2オクターブ用意されており、録音した音を加工して演奏できます。すぐ横にあるオクターブボタンで音域を変更することも可能。
つまり、身の回りのあらゆる音色を自在に操れちゃう優れものです。

シンプルでちょっとレトロな雰囲気も感じられるインターフェースが特徴的で、誰にでも使えそうなオモチャ感がキュート。なかにはパフォーマンスのために欲しい!という人も。

制作したのはインタラクティブテクノロジーに詳しいBen Bengler氏とエンジニアのFiore Martin氏。楽器は2015年3月に作られ、ロンドンにある「Victoria and Albert Museum」で展示されたそうです。

販売ページは設置していないようですが、気になった人は「Collidoscope」のwebサイトから問い合わせてみては?ちょっと触ってみたいですよね。

Licensed material used with permission by Doctor Mix
他の記事を見る
キーボード界に革命が起きた!と話題になった「Seaboard」ですが、その存在を知る人は、まだまだ少ないかもしれません。これは、ノラ・ジョーンズを発掘した...
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
もしも、音を描くことができたなら…。音を生み出すのに必要なのは、指先だけ。だれもが直感的に「音楽をつくる楽しみ」に出会える音楽アプリが誕生しました。専門的...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...
ライターを生業としている自分にとって、録音したインタビュー音源を文字に起こす、いわゆる「テープ起こし」は楽しくもあり(多分ね)、手間のかかる作業。もうカセ...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、破格の調達金を得たトラベルアイテム。その名も「CleanseBot」。集めた額は、なんと約1億700...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
マイクを持ってベッドに座っている女性。ですが、この人ただ者ではありません。動画開始後すぐにその凄さに気づくはず。声だけで楽曲を完璧に再現していきます…。彼...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
手で歯車を回して演奏するビートマシーン。メロディやリズムパターンの組み替えもマニュアルです。
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMID...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
旅の間は、旅先でしか味わえない固有の音に溢れています。耳にするだけで非日常の境地へと誘ってくれるような。その都市ならではの音もあります。もちろん、日本にも...
今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄ま...