【円周率のメロディ】「3.1415・・・」をピアノで演奏してみたら、想像以上に美しかった!

数学で勉強した円周率、π(パイ)の数字の羅列。それを「Aハーモニック・マイナー・スケール」に当てはめて、ピアノ演奏したメロディが、想像以上に美しかった。その耳でぜひ。

円周率を元にしたピアノ演奏

数字を鍵盤に置き換えて、ただ追っているだけとは思えない響きに、あなたも間違いなく驚くはず!イヤホン推奨です。

Licensed material used with permission by David Macdonald

音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
これは、マレーシアのイラストレーターYau Hoongさんが描いた絵をもとに、大真面目につくられた「Pi Bike」。ネーミングもド直球です。
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしい気も。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまうほど感動がある。はじめに女の子が鍵盤を踏み、いい大人たち...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
音楽で会話するってこういうことなのかもしれませんね。パリの駅には誰でも自由に触れるピアノがあります。画像の二人は偶然行き会ったピアニスト。「ViralHo...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
ピアノを折りたたんで持ち運べる!そんな新しい楽器が開発中。「Makuake」で資金を募っている「モバイルグランドピアノ」は、88鍵盤で全長は110.4セン...
赤ちゃんを抱えてピアノの前に座ったデイヴィッド・モトラさんは、耳の痛みが気になって寝れないでいた彼のために、自身が大好きな『ブラームスの子守唄』を演奏して...
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
手で歯車を回して演奏するビートマシーン。メロディやリズムパターンの組み替えもマニュアルです。
キーボード界に革命が起きた!と話題になった「Seaboard」ですが、その存在を知る人は、まだまだ少ないかもしれません。これは、ノラ・ジョーンズを発掘した...
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...
15歳のロシア人ピアニスト・Alexei Romanovさんは、生まれつき両手の指がありません。下の動画には、韓国のアーティスト・Yiruma(イルマ)が...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...