95歳、認知症のおじいちゃん 大好きなピアノの前に久しぶりに座ると・・・指先は覚えていた!

この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土から、応募が殺到。そして、まさかの再会が。心温まるセッションの始まりです。


認知症のおじいちゃんと
「セッションしてくれる人募集」

95歳のEdward Hardyさんは、40年近くに渡ってジャズバンドでピアニストとして演奏をしてきました。ところが、認知症を患ってからは、妻と離れひとり介護施設での生活を送っています。ピアノにも触れる機会は減り、もちろんバンドを組んでセッションするような仲間もいません。

元気のないEdwardさんを気にかけたのは、施設職員Sam Kinsellaさん。孤独なおじいちゃんを励ましたいと、彼はイギリスの広告記事にこんなメッセージを掲載しました。

「95歳のおじいちゃんと、セッションしてくれるミュージシャンを募集しています」

イギリス全土から応募が!
さらに、人生最高のプレゼント

79cbcc6d8941ae48ca6853954cd957cdc28186fa

すると、イギリス全土から80人を超えるミュージシャンが、Samさんの呼びかけに賛同。Hardyさんとのセッションに協力したいと申し出があったそうです。この人々の温かい反応に感激したHardyさん。ところが、サプライズはこれだけではありませんでした。

なんと、35年間以上前に連絡が取れなくなっていた、かつてのバンドメンバー3名から連絡が。予想もしなかった、久方ぶりの再会を果たすこともできたのです。

Hardyさんは「Mirror」の取材に対し、こう喜びを表現しています。

「こんなにも多くの人が、私とのセッションを楽しみにしてくれるなんて。そのうえ、まさか古いメンバーたちに、またこうして出会えるとは…夢のようだよ。何年も演奏したくて仕方なかったんだ。こうしてセッションしているだけで、若返っていく気分だよ」

指先に記憶されたメロディ

38322014ca26f4f95c5de8093c4dc3281a693dfa

「音楽の持つ力は、我々の想像をはるかに超えたものがあります。特に認知症の患者たちへの音楽の効果は大きく、活力が戻ったり、喜びを与えてもくれるものなのです」

施設スタッフSamさんの言葉は、まさにHardyさんに現れた変化を肯定するもの。人生の半分近くをピアノと共に過ごしてきた元ピアニストの演奏が始まります。

F544fe04e8e7590cbbc6111f1b9d0559f6322561

じっと、黙ったまま鍵盤を見つめるHardyさん。

B8de2c7f7822000028461cdce06e19eb14a3072d

一音ずつ、音色を確かめるように鍵盤を鳴らしていきます。

Bda94f51d92386584499d91bf0cae5d8a110e477

そして…演奏が始まりました。
控えめながら軽やかな音色。95歳、人生最高のジャズセッション。続きは動画でどうぞ。

Reference:SWNS, Mirror
Licensed material used with permission by Video Swns
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしい気も。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまうほど感動がある。はじめに女の子が鍵盤を踏み、いい大人たち...
赤ちゃんを抱えてピアノの前に座ったデイヴィッド・モトラさんは、耳の痛みが気になって寝れないでいた彼のために、自身が大好きな『ブラームスの子守唄』を演奏して...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
数学で勉強した円周率、π(パイ)の数字の羅列。それを「Aハーモニック・マイナー・スケール」に当てはめて、ピアノ演奏したメロディが、想像以上に美しかった。そ...
ピアノを折りたたんで持ち運べる!そんな新しい楽器が開発中。「Makuake」で資金を募っている「モバイルグランドピアノ」は、88鍵盤で全長は110.4セン...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
音楽で会話するってこういうことなのかもしれませんね。パリの駅には誰でも自由に触れるピアノがあります。画像の二人は偶然行き会ったピアニスト。「ViralHo...
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!