かけがえのない親子の時間を取り戻す、父と息子の「車中デュエット」

狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」を呼び戻すための大切な儀式。心の芯がとっても温まるストーリーです。

どれほどアルツハイマーが
記憶を奪い去っても、
「歌」だけは忘れない

元クラブシンガーのテッドさん(79歳)は、3年前にアルツハイマー型認知症と診断され、息子サイモンさんの介護を受けながら生活しています。この病気特有の攻撃的な言動や、短期的な記憶の欠落によるいらだち、父と息子の日常。

けれどある瞬間だけ、父のこうした言動が止むことに気づいたサイモンさん。それは、テッドさんの長い人生から切っても切れない縁で結ばれた「歌」を歌う時間

音楽がかかっている時だけは、表情に生気が戻り、まるで記憶を呼び覚ますような父の姿を映像に収め、息子はそれをFacebookに共有することを決意しました。

The Songaminute Man」とは、テッドさんのシンガー時代の愛称。“彼の知らない歌はない”と周囲に言わせるほど、どんな歌でも記憶していたんだとか。

「ここ数年で、父は大部分の記憶を失ってしまいました。息子である私が誰かすら分からない時だってあります。それでも、こうやって車の中で歌っている時だけは、父の想い出が甦り、私たち親子はかけがえのない時間を共有することができるのです」。

この病気が、テッドさんからどれだけ記憶を奪い去っていこうとも、人生に深く根を張った「歌」だけは、決して失われることはなかった。

歌い手のステージは、スポットライトを浴び続けた壇上から狭い車の助手席へと変わったかもしれない。生バンドはカーステレオに変わったかもしれない。それでも、もしかしたらテッドさんの歌声は往年のそれと遜色ないのでは?そう感じずにはいられない美声は、ぜひ動画でご堪能を。

世界各国から集まった
10万ポンドを
英アルツハイマー協会に寄付

テッドさんが認知症と診断されたのが2013年。徐々に身の回りのことができなくなっていく父の姿に、サイモンさんは「アルツハイマー協会」の相談窓口へ、ことあるごとに電話をし、相談に乗ってもらったそうです。

見知らぬ人とはいえ、専門家たちのアドバイスにどれだけ励まされたことか」。せめてもの恩返しと、サイモンさんは同じ病気に苦しみともに闘っている家族たちの支援となるよう、寄付を呼びかけるチャリティ「The Songaminute Man」を始めました。

目標額は1,000ポンド(約13万円)。ところが、彼の手元に集まったのは、わずか3ヶ月余りの間になんとその100倍。サイモンさんは、集まった10万ポンド(約1,340万円)を協会に寄付。

「親子が多大な寄付をしてくれたことだけでなく、歌を歌うこと、聞くことが認知症患者たちにとって、プラスに影響する事実を世に広めてくれたことにも感謝しています」。

同協会長サマンサ・イーブス氏は、感謝の言葉とともに巨額の寄付を集めるきっかけとなったデュエット動画を添えました。息の合った親子のデュエットに、心の奥がきっと温かくなるはずです。

Licensed material used with permission by The Songaminute Man
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
「じゃばら」に含まれるナリルチンは、花粉症の症状を緩和して抗酸化力を向上させることができるとされ、子どもや妊婦でも安心して摂取が可能。生産農家を支援し、花...
醤油の原料には当然ながら塩が使われ、大豆にだってマグネシウムやカリウム、ビタミンが含まれています。ということで、秋口の熱中症予防にいかがでしょう。
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...