声だけで「病気」を診断する「AI」が開発中

近い将来、SiriAlexa病気にかかっていることを教えてくれるようになるかもしれない──。

イスラエル発の音声分析会社「Vocalis」が、新型コロナウイルスを音声で診断するアプリを開発している。

このアプリは、確定的な診断の提供を目的とせず、あくまで医師の診断をサポートし、対面医療を必要とする人の特定に役立てるためのもの。これは以前に同社が開発した、ユーザーの話すときの息切れから肺疾患を検出するアプリを応用したものだ。

アプリ開発に向け、罹患者の声紋を特定するために、新型コロナウイルスの検査で陽性だった人を募り、機械学習システムを使用して1500を超える音声サンプルを処理。すでに音声診断のテスト版を完成させている。

また、あらゆる企業や大学が、新型コロナウイルスをはじめとした肺疾患のみならず、認知症精神疾患の分野で、音声診断に関する臨床実験をおこなっており、今後はAI機械学習システムを掛け合わせることで、その可能性が広がっていくとみられる。

音声診断が実用化されれば、アプリで手軽に病気の兆候に気づくことができ、病気の早期発見につながるはず。これは夢のようなシステムなのかもしれない。

Top image: © iStock.com/Chikuwabubu, Donkeyworx/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...