糖尿病や心臓病が未然に防げる「鏡」って?

最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には日焼けのしすぎや脱水症状をアラートするものもあるくらいだ。

もっと言えば、すでに健康状態を分析できるデバイスは医療分野でも活躍中だ。Apple WATCHを患者に配ることで無駄な診察を減らし、常時バイタルを確認して緊急連絡できるようになった事例もある。

ここで紹介する「鏡」もそのうちの一つ。しかし、従来のものよりもずっと日常に溶け込んだ形で利用できそうなところが興味深い。

鏡を覗くだけで
病気がわかる未来

イタリアの研究評議会(NRC)のリサーチャー達は、3Dスキャナーやビデオカメラ、ブレスモニター、画像分析システムなどを使ったスマートミラー「Wise Mirror」を開発している。

顔の筋肉や血行、酸化状態、呼吸や表情を分析して病気を早期発見することができるこの鏡は、心臓病や糖尿病の他、高血圧、鬱病まで認識する。必要な時間はわずか60秒。なにか身につける必要もない。歯磨きでもしている間にいつの間にか終わってしまう。

コンセプトは以下のとおりだ。

「慢性的な病気は予防することこそがもっとも経済的な治療方法です」

記号学で表情の要素を読み取り、生活習慣が原因になるであろう慢性的な病気を未然に防ぐことが可能になるというわけだ。

さらに、読み取れるのは表面的な要素だけではない。表情パターンから心理状態まで分析することができ、恐怖や不安などストレスの状態だって読み取るという。上の動画では、映画などを見る表情から心理状態を分析する様子が確認できる。

この技術を使えば、もっと日常的な体調を知ることも可能だろう。寝不足やその日のパフォーマンスだって教えてくれるかもしれない。「Siri」のような人工知能の気の利いた一言に一喜一憂しながら、毎朝の健康診断を楽しむーーそう遠くない未来、そんな日がやってくることを期待させる“鏡”だ。

Licensed material used with permission by SEMEOTICONS

糖尿病に苦しめられるこどもたちを救うため、楽しく注射ができる夢のようなキットが開発されました。成果を高く評価され、2017年のJames Dyson Aw...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
睡眠不足は体に悪いといわれているが、果たして睡眠過多はどうなのだろうか?最新の研究では、8時間以上の睡眠は健康を損なう可能性があるという。一体どういうこと...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...
よく悪い病気には必ず兆候があると言われます。あなたに向けて身体が発する、このSOSに気づくか否かは、大病を未然に防ぐという意味でも大切なこと。ライターSa...
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...