貼るだけで「血糖値管理」ができるパッチが開発中!(韓・大学)

検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだろうと期待されているパッチが、2016年3月21日の「Nature」に発表されました。

腕に巻くようにして貼って使い、汗から血糖値をはかって投薬まで。自動で機能するため、貼っておくだけでいいのだとか。

このウェアラブルデバイスは、ソウル大学校によって開発されているもの。汗のpH値や体温変化から血糖値の上昇を感知でき、必要に応じて熱で表層のコーティングを溶かします。すると、小さな針が肌に突出し、メタフォーミンを投与できる仕組み。痛みは殆ど無く、ひりひりする感覚を覚える程度だそうです。

写真のとおり、測定と投薬の2つの機能を分けて持たせており、この仕組によって、1日を通して血糖値を管理できるように開発が進められているとのこと。

「HealthDay」によれば、将来的に1型2型どちらにも対応できるようになると考えられていますが、発汗量の変動や、24時間安定的に利用できるかなど、課題はまだ残っている状態。しかし、研究に携わったリチャード・ガイ博士のコメントは、「市場に出るまでに5年かからないだろう」と前向きです。

Reference:HealthDay
Licensed material used with permission by Seoul National University

関連する記事

糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
心も体も健康でいるためには、食生活を改善し「血糖値スパイク」にならないことが重要と説くのは、栄養療法を行う医師の溝口徹さん。その著書『「血糖値スパイク」が...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
よく聞く糖尿病について解説します。予防法についても説明するのでぜひ参考にしてみてくださいね。
4月22日、アメリカ「カリフォルニア工科大学」のメディカルエンジニアリングを専門とする研究チームが、人間の肌に貼り付けて使用する「電子皮膚」を開発したと発...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。