世界初!アンセリンで「尿酸値を下げる」ノンアルビール

「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収を抑える」「お腹まわりの脂肪を減らす」「内臓脂肪を減らす」……近年、健康の維持や増進に役立つ「機能性表示食品」のノンアルコールビールに人気が高まっている。

そんななか、「サッポロビール」より6月23日にリリースされる「サッポロ うまみ搾り」は、これまでにない世界で初めての試みにチャレンジしたノンアルだ。その機能は「アンセリンで尿酸値を下げる」というもの。

アンセリンとは、動物の筋肉に含まれているペプチドの一種で、乳酸の分解を促したり、尿酸値低減効果もある機能性関与成分だそう。

尿酸値が高くなる原因のひとつとされているのが、プリン体の過剰摂取だ。ビールにはほかのアルコール飲料に比べて多くのプリン体が含まれている。ゆえに糖質や人工甘味料とともにプリン体0(ゼロ)の発泡酒やノンアルコールビールが登場してきたわけだが......ついに“飲んで尿酸値を下げる時代”がやってこようとは。

運転や、休肝日のためのノンアルコールビールという選択はもう古いのかもしれない。体調管理や健康維持のためのノンアル。この先どこまで進化する!?

©サッポロホールディングス
Top image: © サッポロホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界のミレニアル世代やZ世代から生まれた「ノンアルコール」ブーム。ドイツ発のプロテインビールや、ノンアルワイン、モクテルなど多様化するノンアル飲料。アメリ...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
「天満天神梅酒大会」で日本一を受賞した梅酒「百年梅酒」が、ノンアルコールの梅酒をリリース。これが、タダモノではなかった!
8月21日発売の「昼ビ」は、本格ビールと同じ麦芽100%、プリン体・添加物(炭酸以外)は一切不使用、飲みやすく、ランチにも合うテイストにこだわって作られた...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
ノンアルコールの新世界を開拓をする専門ブランド「のん」から、新飲料「のん-THE NON-AL SPIRITS-」が予約販売中。
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今月から“バーテンダーとソムリエによる、バーテンダーとソムリエのため”のノンアルコールECサイト「nolky」がオープン。妥協せず選び抜かれたプロ一押しの...
スウェーデンでノンアルコールスピリッツを製造するメーカー「Gnista Spirits」が、今、“パーティー好き”が応募資格の求人募集をおこなっている。
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
日本初となる「プロテインビール」の販売開始に向けたクラウドファンディングがスタート。
今月9日、年々高まる「ノンアルコールブーム」を加速させる専門ECサイト「MARUKU」がオープン。コンビニやスーパーではあまり見ることのできない、レアで貴...
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
「Victoria Bitter Tea」は、お茶なのにビール風味を楽しめるということがウリだ。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
ダイエットの敵プリン体の多い食品をご紹介!是非参考にしてみてくださいね!
アシッドアタック(酸攻撃)にあった際に酸をはじいてくれるファンデーション。2020年、まずは事件が多数報告される中東でローンチ。その後、イギリスでも販売さ...
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...