お酒が苦手な人でも楽しめる。世界初ノンアルコール「スピリッツ」

 

ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコール」も、もはや定番の地位を築いていますね。

そんななか、イギリスで作られたノンアルコールの「スピリッツ」が話題になっています。

きっかけは17世紀の
書物にあり

世界初のノンアルコールスピリッツ「SEEDLIP」を開発したのは、実家が農業を営むBen Bransonさん。

きっかけは17世紀の書物に、蒸留でハーブからつくる薬のレシピが載っていたのを見たこと。そのなかに、アルコールが入っていないものがあるということで、自宅でいろいろと試しているうちに、このアイデアにたどり着いたのだそう。

下戸なあなたも
カクテル気分にひたれます

種類は二種類、狐のラベルの「SPICE 94」、兎のラベルの「GARDEN 108」。ボトルデザインもおしゃれですね。

「SPICE94」はオールスパイス、カルダモンといったスパイスを中心に、レモンとグレープフルーツで爽やかな香りに。

「GARDEN 108」は、スペアミント、ローズマリー、タイムなどのハーブ類に豆なども加え、ハーバルでフローラルな香りに。

いずれもジンを思わせる材料なので、サワーからマティーニまで、これまでとはひと味ちがうドリンクが、ノンアルコールで楽しめちゃいます。

一部ロンドンのバーなどで試せるとのこと。

イギリスで注文が殺到

このSEEDLIP、その斬新さとおいしさからイギリス国内で瞬く間に大人気となり、注文が殺到しているそう。ノンアルコールビールがあっという間に各社で競争が始まったように、ノンアルコールスピリッツも、すぐに定番になるかもしれません。

公式サイトからは日本にも発送してくれるようなので、気になる人はお取り寄せしてみては?

Licensed material used with permission by Wickerwood & Co
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
2019年から、同年にカリフォルニアのディズニーランドでオープンが予定されている『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「Star Wars: Gala...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。このタイミング...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...