10月に禁酒!? #SoberOctoberトレンドって?

近年、「SoberOctober」というチャレンジがトレンドになっています。

Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の1ヶ月間禁酒をするチャレンジのこと。

そんな「SoberOctober」中にぴったりの、ノンアルコールドリンクのご紹介します。

イギリスの新しい風習「ドライ・ジャニュアリー」

©DisobeyArt/Shutterstock.com

イギリスにおける比較的新しい風習「ドライ・ジャニュアリーDry January)」。

ドライ・ジャニュアリーとは、1ヶ月アルコール抜きで過ごそうというトレンドを示す言葉。アルコール・コンサーンという慈善団体が、アルコール依存症と戦う人のサポート目的にはじめたのがきっかけだそう。

ドライ・ジャニュアリーに参加する人々の理由は、募金のためのスポンサーを得るためや、自身の飲酒に関する問題を解決するためなど。

一定期間断酒すると、その後のお酒との付き合い方がもっとよいものになるかもしれませんよ。

リモートワーク中のリフレッシュに「昼ビ」

©2020 the Tandem合同会社

“昼”の可能性を広げ、人生の可能性を広げたい」。醸造所やビール会社、が協力して誕生した「昼ビ」。

こだわりは「本格ビールと同じ麦芽100%であること」「プリン体・添加物(炭酸以外)は一切不使用であること」「飲みやすく、ランチにも合うテイストであること」。ランチタイムやリモートワーク中のリフレッシュにもピッタリですね。

日中にビールを飲んだときのようにテンションが上がりつつも、呂律が回らなくなったりもしないから、仕事中でも安心かも?

体調管理や健康維持のために飲む「ノンアル」

©サッポロホールディングス

近年、健康の維持や増進に役立つ「機能性表示食品」のノンアルコールビールに人気が高まっています。

「サッポロ うまみ搾り」は、これまでにない世界で初めての試みにチャレンジしたノンアル。その機能は「アンセリンで尿酸値を下げる」というもの。

体調管理や健康維持のために“飲んで尿酸値を下げる時代”がもう始まっています。

 

日本初の完全ノンアルコールバー「0%」

刀祢平喬(Sundy inc.)
©刀祢平喬(Sundy inc.)

日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が2020年7月16日、六本木にオープンしました。

お酒でもソフトドリンクでもない本格ノンアルメニューが20種以上あるほか、ASMRサウンドを聴きながら楽しむドリンクや、リラックス効果のあるCBDオイルなどの体験型メニューも。ドリンク・フードはすべてヴィーガンに対応しています。

ハーブやスパイス、発酵など体に嬉しい効能もあり、妊娠中の人や子づれの人でも楽しめる全く新しいバーです。

TABI LABOオススメの「ノンアル」

©刀祢平喬(Sundy inc.)

2015年頃にアメリカの若者から始まった生活の質を重視する「ウェルネスブーム」により、ミレニアルズとZ世代の夜の過ごし方はガラリと変化してきています。夜はお酒は飲まずに質の良い睡眠をとり、朝は運動をするライフスタイルこそがクール。

ノンアルの世界はとても奥深いです。最近ではアルコールフリーのスピリッツやワイン、カクテル(モクテル)と、選択肢は広がってきています。

TABI LABOで過去に紹介してきたノンアルコールドリンクのなかから「これなら飲んでみたい!」と思えるものを紹介致します!

Top image: © okili77/Shutterstock.com
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
「サッポロビール」より6月23日にリリースされる「サッポロ うまみ搾り」は、これまでにない世界で初めての試みにチャレンジしたノンアルコールビール。その機能...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「天満天神梅酒大会」で日本一を受賞した梅酒「百年梅酒」が、ノンアルコールの梅酒をリリース。これが、タダモノではなかった!
「Pinterest」が次に来るであろうトレンドを10のカテゴリ別にまとめた「Pinterest 100」を発表。ユニークで興味深いトレンドが満載。
西アフリカを代表する古代穀物「フォニオ」。食糧危機を救い、栄養価の高い“第二のキヌア”として注目される、このスーパーフード。2020年の食トレンドのカギを...
世界のミレニアル世代やZ世代から生まれた「ノンアルコール」ブーム。ドイツ発のプロテインビールや、ノンアルワイン、モクテルなど多様化するノンアル飲料。アメリ...
ノンアルコールの新世界を開拓をする専門ブランド「のん」から、新飲料「のん-THE NON-AL SPIRITS-」が予約販売中。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
今月から“バーテンダーとソムリエによる、バーテンダーとソムリエのため”のノンアルコールECサイト「nolky」がオープン。妥協せず選び抜かれたプロ一押しの...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
スウェーデンでノンアルコールスピリッツを製造するメーカー「Gnista Spirits」が、今、“パーティー好き”が応募資格の求人募集をおこなっている。
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
株式会社ツドイは、本格的ノンアルコールドリンクのみを提供する「Bar Straw」をオープン。第1回は9月4日(水)19:00〜22:00に神楽坂「かもめ...
アメリカ発の大手モバイル決済サービス「Square」が、アメリカ国内でのモバイル決済のデーターをもとに算出した「2020年のトレンド予測」を発表。その内容とは?
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
今月9日、年々高まる「ノンアルコールブーム」を加速させる専門ECサイト「MARUKU」がオープン。コンビニやスーパーではあまり見ることのできない、レアで貴...