バッグと呼ぶには小さすぎるトレンドの「ミニバッグ」

「ミニバッグ」や「マイクロバッグ」、「ナノバッグ」なるものが各ブランドから続々と発売され、海外セレブが火付け役となり世界中でブームとなっている。

6月に南フランスで発表された「ジャックムス(JACQUEMUS)」をはじめとし、今月9月にニューヨークで発表された「ロンシャン(LONGCHAMP)」や「ラグ & ボーン(rag & bone)」の2020年スプリングコレクションでも、手のひらサイズのミニバッグを合わせたスタイリングが目立っていた。

財布もスマホも入らないほど小さなミニバッグは、かろうじてリップスティックが2本ほど入るくらいの容量だろうか。本来バッグは物を持ち運ぶことを目的としたアイテムだが、このバッグは“アクセサリー感覚”で持つのが今のトレンドのようだ。

機能性ではなく“見た目”に振り切ったミニバッグは、ハイブランドでも比較的手に取りやすい価格ということもあり2020年のメガトレンドになりそうな予感......。

Top image: © Christian Vierig/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...