バッグと呼ぶには小さすぎるトレンドの「ミニバッグ」

「ミニバッグ」や「マイクロバッグ」、「ナノバッグ」なるものが各ブランドから続々と発売され、海外セレブが火付け役となり世界中でブームとなっている。

6月に南フランスで発表された「ジャックムス(JACQUEMUS)」をはじめとし、今月9月にニューヨークで発表された「ロンシャン(LONGCHAMP)」や「ラグ & ボーン(rag & bone)」の2020年スプリングコレクションでも、手のひらサイズのミニバッグを合わせたスタイリングが目立っていた。

財布もスマホも入らないほど小さなミニバッグは、かろうじてリップスティックが2本ほど入るくらいの容量だろうか。本来バッグは物を持ち運ぶことを目的としたアイテムだが、このバッグは“アクセサリー感覚”で持つのが今のトレンドのようだ。

機能性ではなく“見た目”に振り切ったミニバッグは、ハイブランドでも比較的手に取りやすい価格ということもあり2020年のメガトレンドになりそうな予感......。

Top image: © Christian Vierig/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。