バッグが小さくても「マイボトル」を持ち歩ける理由【サステイナブルはじめの一歩③】

これは、なんとなく「世の中の流れ」に乗り遅れているなぁ〜と感じている普通の会社員が、自分よりもちょっとだけ意識高めな同僚たちの体験談を参考に、サステイナブルな暮らしに馴染んでいく(予定)という連載企画です。

エシカルやら、サステイナブルやら、いろいろありすぎて、もう何からはじめたらいいのかわからないな〜、考えるのも面倒くさいな〜なんていう、私のような人がいたら、少しは寄り添えるかもしれません。

第三回は、デザイナーYちゃんのお出かけ事情を激変させた「マイボトルホルダー」の話。

「パリコレ」のモデルさんも
持ってたんですよ

©2021 NEW STANDARD
Yちゃん

「私、とにかく水をめっちゃ飲むんですよ。だからちっちゃいボトルじゃ足りなくて、946ml入るマイボトル持ってるんですけど……」

Endo

「デカい」

「デカイんですよ……。でもとにかくペットボトルを買いたくなくて」

「エコ的な」

「いやそれは、地球環境のためっていうよりも節約のためですね」

「私もマイボトルくらいは持ってるぞ。でもさ、いつも思ってたんだけどさ、バッグの中で結構幅きかせててヤダな〜って。私、バッグ小さい派なんだよ」

「わかります。私もマイボトル持っていくためにいつもおっきいカバンにせざるを得なかったんですよね。そんなときにインスタでこのHydroFlaskのボトルホルダー使ってる人を見かけたんです。これなら、マイボトルのためにカバンをおっきくしなくてもいいし、カバンをおっきくしたくないからマイボトル持ってくのを諦める、とかもなくなったんですよ」

「それ。それを求めていたんだ私は」

「この商品自体がサステイナブルなアイテムってわけじゃないんですけどね。これを使うことで、サステイナブルな暮らしにつながるってことですね」

「ボトルホルダーって結構いろんなの出てない?」

「出てますね。私はもともとHydroFlaskのボトルを持ってたんで、その大きさのがちゃんと入るホルダーがいいなと思ってこれにしました」

「HydroFlask人気よな」

「保温・保冷の機能性も高くていいですよ。ていうか私、前にボトルホルダーがパリコレに出てるの見たんですよ!モデルさんがボトルホルダー持ってランウェイ歩いてました」

「えーーー!アウトドア風の服と合わせて!?」

「違います。なんかオシャレな感じで」

「えーーー!今調べたけど、KENZOのモデルさんとかが持っちゃってるじゃん」

「そうなんですよ」

「もはやサステイナブルっていうか、ファッションの最先端にいるじゃん私たち」

「ですね」

「カッコイイ」

「小学生のときって、みんな普通に水筒ぶら下げてお出かけしてましたよね。大人だってそれでいいと思うんですよね。このボトルホルダーはポッケついてるんで、そこに鍵とかちょっとしたもの入れて、これだけでお散歩に出かけるとかもできて便利ですよ」

「問題は値段だな」

「高いですよね。私も値段でかなり悩んだんですけど、結果、買ってよかったって思ってます。リーズナブルなボトルホルダーもあると思うんで、好きなブランドの選べばいいと思いますよ」

「ほ〜」

©2021 NEW STANDARD
Top image: © Irina Strelnikova/Shutterstock.com, 2021 NEW STANDARD

関連する記事

「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
SNSで話題のLA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY(ケースティファイ)」から、マイボトルとして使えるウォーターボトルが登場。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。でも有識者の話は生活からかけ離れていて参考にしにくい……。だったらまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアク...
画期的なリユーザブルボトル「Origami Bottle」が登場した。ボトル形状では高さ21cmの大容量ながら折りたたむと5.5cmの超コンパクトサイズに!
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
エコ推進が盛んな台湾から、折りたたみ式タンブラー「ペコエコ(pecoeco)」が日本上陸。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
イギリスのRoot7が企画・開発を行った冷たい水を入れると色が変わるユニークなボトル「カメレオンボトル」。飲んだ量を視覚的に確認できるので、1日の水分補給...
スリムなボディが特徴のステンレス製ウォーターボトル「It's Logic」の紹介です。
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
お気に入りの「マイアイテム」をアップデートしてみませんか?ストロー・綿棒・醤油など、みんなとは被らない自分だけの「マイアイテム」を探してみよう!
無料でお水をもらえるレストランやカフェ、公共施設などが探せるアプリ「MyMizu」が、ラグビーW杯開催とグローバル気候マーチ開催に合わせ、9月20日にiO...
応援購入サービス「Makuake」にて、ブリティッシュデザインのステンレスボトルが登場。見たことがないようなデザインは見た目だけで欲しくなる。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
「Firsthand」は「チームラボ」がデザインした、お米の流通過程で使用される米袋をアップサイクルしたエコバッグ「teamLab Folding Ric...
ボトルの飲み口や水の細菌を99.999%殺菌してくれるボトルキャップ「CrazyCap 2」とは?
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
【sacai×ABSOLUT】地球に優しい、ウォッカ好きのあの人へのギフトとしても喜ばれること間違いなしの限定コラボ商品!
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
日本上陸5周年を迎えた「ブルーボトルコーヒー」が2月15日から感謝を込めたキャンペーンを展開。割引チケットの配布やスペシャルティコーヒー、限定アイテムなど...
「Kickstarter」で先行販売されている「Penna Straw」は、利便性、快適性、衛生面の基準をクリアした画期的なストロー。
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
ニューヨーク発のバッグブランド「LeSportsac(レスポートサック)」から、ペットボトルでできたリサイクル糸を使用したバッグが登場。
「大阪王将」が「あつまれ どうぶつの森」のゲーム内で使用できるオリジナルマイデザインを配布中。定番メニューをモチーフにしたデザインは遊び心を弾ませる!
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。