自分のセンスでカスタムするステンレスボトル「MY BOT」

脱プラへの意識が高まる今、こんなステンレスボトルはいかがだろう。

応援購入サービス「Makuake」にて、自分好みにアレンジできる水筒「MY BOT」が販売中だ。

この製品は5色のボディ4種の蓋のなかから好みのタイプを選んで組み合わせ、さらにオプションで自分の好きなデザインをフルカラーで印刷したり、蓋にレーザー彫刻を施したりできるプロダクト。

マイボトル カスタマイズ 300ml 600ml フルカラー印刷
©Makuake

本体はビジネスバッグにもすっぽり収まるコンパクトな350mlと、たっぷり飲める600mlの2サイズ展開で、どちらもモバイル性に優れた軽量設計。

保温&保冷効果の高い真空構造を採用しているので、シーズンを問わずお出かけの際の相棒として活躍してくれるはずだ。また、飲み口が広いことによるお手入れの簡単さもじつは嬉しいポイントだったり。

「環境問題とか、ちょっと難しい......」なんて感じている人も「MY BOT」なら気負わずに自然に優しい暮らしができるはず。しかも、なにより、オシャレだし(笑)。

マイボトル カスタマイズ 300ml 600ml フルカラー印刷
©Makuake
マイボトル カスタマイズ 300ml 600ml フルカラー印刷
©Makuake
マイボトル カスタマイズ 300ml 600ml フルカラー印刷
©Makuake

『ステンレスボトル MY BOT』
【サイズ展開】350ml、600ml
【カラー】ロイヤルブルー、ピュアホワイト、トゥルーブラック、サックスブルー、ベビーピンク
【商品ページ】https://www.makuake.com/project/mybot/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
スリムなボディが特徴のステンレス製ウォーターボトル「It's Logic」の紹介です。
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
ハワイ土産として人気となった〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉。ポップなデザインが注目されていますが、実際に使ってみると、その真価は“持ちやす...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
「ブルーボトルコーヒー」から「マスクケース」が登場。香港発のブランド「PAPERY(ペーパリー)」とコラボレーションした紙素材のスマートデザインの同商品は...
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
航空・軍事など幅広い分野で採用されている"温度制御素材”により、100℃の沸騰したお湯を、たった1~2分で約55℃まで冷却できるボトル「DOCA」。電力も...
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
日本上陸5周年を迎えた「ブルーボトルコーヒー」が2月15日から感謝を込めたキャンペーンを展開。割引チケットの配布やスペシャルティコーヒー、限定アイテムなど...
無料でお水をもらえるレストランやカフェ、公共施設などが探せるアプリ「MyMizu」が、ラグビーW杯開催とグローバル気候マーチ開催に合わせ、9月20日にiO...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
全米人気No.1ボトルブランド「Hydro Flask」から新シリーズ「Lightweight Trail Series」が登場!日本国内でもオフィシャル...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
ボトルの飲み口や水の細菌を99.999%殺菌してくれるボトルキャップ「CrazyCap 2」とは?