ステンレスボトル

応援購入サービス「Makuake」にて、5色のボディカラーと4種の蓋から選んでカスタマイズできるステンレスボトル「MY BOT」が登場。オプションにてフル...
ハワイ土産として人気となった〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉。ポップなデザインが注目されていますが、実際に使ってみると、その真価は“持ちやす...
全米人気No.1ボトルブランド「Hydro Flask」から新シリーズ「Lightweight Trail Series」が登場!日本国内でもオフィシャル...
ボトルの飲み口や水の細菌を99.999%殺菌してくれるボトルキャップ「CrazyCap 2」とは?
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。<除去できるもの>・ウイルス(球菌...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
スリムなボディが特徴のステンレス製ウォーターボトル「It's Logic」の紹介です。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
「京都六角カフェ」限定で提供されていた「ブルーボトル羊羹」が、今月より全国の「ブルーボトルコーヒー」及びオンラインショップで取り扱われるようになった。
「ブルーボトルコーヒー」から「マスクケース」が登場。香港発のブランド「PAPERY(ペーパリー)」とコラボレーションした紙素材のスマートデザインの同商品は...
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...