いっぱい飲める工夫がつまった「マイボトル」

夏に比べて喉が渇きにくく、水分摂取の機会が少なくなる冬だが、じつは私たちは冬でも脱水のリスクにさらされている。

からだの60%は水分であり、人は、毎日2.5Lの水分量を失っているのだとか(厚生労働省「健康のため水を飲もう」推進運動より)。

しかし、健康のためとはいえ冬に2.5Lの水を飲むことはなかなかハードル高い。

そこでこの「カメレオンボトル」。イギリスのRoot7が企画・開発を行った冷たい水を入れると色が変わるユニークなボトルで、飲んだ量を視覚的に確認できるので、1日の水分補給の目標を楽しみながらクリアできるというアイテムだ。

ボトル本体とキャップ内部には、高級ステンレス鋼(SUS304)を使用。ボトル内部で飲み物が直接プラスチックに触れないような設計になっているので、清潔を保ってくれる。

また、健康へ影響を及ぼす可能性が懸念されているBPAを使用していないため、大人だけでなく小さな子どもまで安心して使うことができるという。

現在クラウドファンディングサイト「FIRST STEP」にて先行販売中。こうしたアイテムも活用しながら、水分不足による健康障害を引き起こさないよう、こまめな水分補給を心がけたい。

©株式会社AZAYAKA JAPAN

カメレオンボトル

【「FIRST STEP」プロジェクトページ】
https://firststep.en-jine.com/projects/chameleon

Top image: © 株式会社AZAYAKA JAPAN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事