ミニマルなオシャレさ!環境に配慮した「ブルーボトルコーヒー」のエコカップ

「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日から全国のブルーボトルコーヒーカフェと公式ECサイトでリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売している。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮したコーヒーライフを提案するのが狙いだ。

素材には、土の中で分解可能なバンブーファイバー(竹の繊維)やコーンスターチ、アミノ酸由来の樹脂などを使用。竹は持続可能な方法で管理されている竹林から収穫し、使用する際にも化学処理を施さないというこだわりよう。ブルーボトルコーヒーらしいミニマルなオリジナルデザインは、どんなシーンでも使いやすい。

創業当初よりサステイナビリティに重きを置いてきたブルーボトルコーヒー。コーヒーの生産から提供までのプロセスにおけるサステイナブルな努力なども広く知られており、すでにテイクアウト用のカップには植物由来で微生物による分解が可能な「バイオプラスチック」を使用している。

このたびの新製品発売のタイミングで、テイクアウト時にマイボトルを利用した場合は20円の割引きサービスを実施。さらなるゴミの削減と環境負荷の低減を推進する。

利用者はコーヒーをお得に楽しみながら、サステイナブルな取り組みに寄与できるというわけだ。

『ブルーボトル エコカップ(BLUE BOTTLE ECO CUP)』
【サイズ】高さ120mm×飲み口Φ80mm
【容量】340ml
【価格】1980円(税込)

Top image: © Blue Bottle Coffee Japan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
三軒茶屋の古民家の並びにひっそり佇む 築50年の旧診療所をリノベした「ブルーボトルコーヒー」Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェ〒154-...
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲラン。この秋発売した新作『フォール フラ...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
無料でお水をもらえるレストランやカフェ、公共施設などが探せるアプリ「MyMizu」が、ラグビーW杯開催とグローバル気候マーチ開催に合わせ、9月20日にiO...
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...