スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」

手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われてしまうだけでなく、味や色だって落ちちゃいます。

ここで紹介するのは、中身を真空状態で保存できるボトル。飲みものを注いだ後に空気を抜ける仕組みになっており、鮮度を保てるのだとか。

野菜や果物を新鮮に保つ
真空ボトルって?

使い方はカンタン。ボトルのフタを閉めて、バキュームポンプを数回プッシュすれば、中の空気を抜けます。

もちろん飲み口は広め。480mlの容量があり、ドリンクホルダーにも入るので携帯に便利。それに、魔法瓶と違って中の色が見られるところも素敵。ボトルを覆っているカバーのカラーバリエーションも豊富です。

実際、どのくらいもつの?

気になるのは、このアイテムによってどのくらいの違いが現れるのか。「Kickstarter」には、ジュースの変色を見るために、24時間放置して試した画像が紹介されています。試験品によるテストですが、結果がコチラ。

これはケール、青りんご、マンゴー、ピーチ、水で作ったもの。結果、「SANS」のキャップを閉めなかった左側のものに関しては、4時間も立たないうちに茶色っぽく変色し始めてしまったそうです。

朝作ったスムージーは、できるだけ早くすべて飲んでしまいたいもの。写真を見る限り、「SANS」なら美味しさを長く保てるかもしれませんね。

今は資金調達中の段階、日本からは送料込みで1つ40ドル(約4,500円)で予約できます。まだまだ改善の余地はあるとのこと。続報に期待しましょう!

Licensed material used with permission by SANS
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
今回はセブンイレブンの「ケール グリーンスムージー」。全国で3店舗にしかない幻のスムージーを「目白駅北店」で発見!
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
応援購入サービス「Makuake」にて、ブリティッシュデザインのステンレスボトルが登場。見たことがないようなデザインは見た目だけで欲しくなる。
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
おしゃれなトッピングは@mai_smoothieの魅力のひとつ。今回はマンゴーの果肉をたっぷり乗せた、ボリューム感あるスムージー。マンゴーに含まれる豊富な...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
形の悪さや納期遅れを理由に、出荷できずに廃棄せざるを得ない野菜や果物をスムージーとしてオフィスに届けるサービス「Clean Smoothie」。月に2回、...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
日本初上陸のポータブルジューサー「CC5800」は、コンパクトかつレトロでかわいらしい見た目に反し、氷も砕く本格派ジューサー。材料を投入するボトル部分がそ...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
フルーツではなく野菜をメインにしたベラルーシ産「野菜グミ」
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...