スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」

手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われてしまうだけでなく、味や色だって落ちちゃいます。

ここで紹介するのは、中身を真空状態で保存できるボトル。飲みものを注いだ後に空気を抜ける仕組みになっており、鮮度を保てるのだとか。

野菜や果物を新鮮に保つ
真空ボトルって?

使い方はカンタン。ボトルのフタを閉めて、バキュームポンプを数回プッシュすれば、中の空気を抜けます。

もちろん飲み口は広め。480mlの容量があり、ドリンクホルダーにも入るので携帯に便利。それに、魔法瓶と違って中の色が見られるところも素敵。ボトルを覆っているカバーのカラーバリエーションも豊富です。

実際、どのくらいもつの?

気になるのは、このアイテムによってどのくらいの違いが現れるのか。「Kickstarter」には、ジュースの変色を見るために、24時間放置して試した画像が紹介されています。試験品によるテストですが、結果がコチラ。

これはケール、青りんご、マンゴー、ピーチ、水で作ったもの。結果、「SANS」のキャップを閉めなかった左側のものに関しては、4時間も立たないうちに茶色っぽく変色し始めてしまったそうです。

朝作ったスムージーは、できるだけ早くすべて飲んでしまいたいもの。写真を見る限り、「SANS」なら美味しさを長く保てるかもしれませんね。

今は資金調達中の段階、日本からは送料込みで1つ40ドル(約4,500円)で予約できます。まだまだ改善の余地はあるとのこと。続報に期待しましょう!

Licensed material used with permission by SANS
簡単においしくつくれて、効率よく栄養補給もできる、いつものスムージーにぜひプラスしたい食材、それが「オイル」でした。
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
かつて全国に400店舗を展開した「ドムドムハンバーガー」の、知られざるあんなこと、こんなこと。