「茶葉」を持ち歩かずにフレッシュなお茶を楽しめる「技あり」なティーボトル

ティーポットとタンブラーの機能を揃えたティーボトル。

スマートなルックスが目を引くブランド「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、オフィスや外出先でも、手間をかけずに日本茶や紅茶を楽しみたい人にオススメのアイテム。

ボトルの構造上、茶葉とドリンクの部分はセパレート式だから、抽出後はボトルをひねって弁を閉めると「濃さ」をキープできる。茶葉はボトルにキープされているので、わざわざティーバッグを持ち歩かなくても、2煎目、3煎目……とカンタンに作ることができるも嬉しいところ。内容量の目安は300mlほど。

ボトルは、お湯出し・水出しの両方に対応。二重構造が熱や結露を防ぐから、使用時や持ち運ぶときも安心。さらに軽量で耐衝撃性に優れ、人体への影響が指摘される化学物質フリーの「トライタン製」というのもダメ押しの一打。カラバリはレッド、グリーン、ブラウン、クリームの四色だ。

価格は2400円(税抜)でコスパも満足!

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
「THERMOS COFFEE TO GO」は、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門店。テイクアウトにマイボトルを使用することで、使い捨て容器の排出量を...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第4回は、薬膳カフェ日月の「花...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
応援購入サービス「Makuake」にて、5色のボディカラーと4種の蓋から選んでカスタマイズできるステンレスボトル「MY BOT」が登場。オプションにてフル...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
「ブルーボトルコーヒー」から「マスクケース」が登場。香港発のブランド「PAPERY(ペーパリー)」とコラボレーションした紙素材のスマートデザインの同商品は...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...