スマートティーポット「teplo」に合わせて厳選茶葉が毎月届くお茶のサブスク

世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポット「teploティーポット」の公式茶葉サブスクリプションサービスが、先週22日(木)からスタートした。

展開しているのは、お茶とIoTで食のパーソナライゼーションを提案する企業「LOAD&ROAD」

同社は、スマートフォンアプリと連携してお茶の自動抽出ができる独自の抽出テクノロジーをもつティーポットを2020年8月から販売。さらに、このティーポットは、内蔵センサーにより飲み手の体調や気分に合わせて最適な状態のお茶を淹れてくれる。

好評により品薄状態となっていたが、今月22日から数量限定で再入荷し、こだわりの茶葉をセレクトして1ヵ月ごとに届けるサービスとのセット提供も開始。

セット内容は、計量の手間味のブレをなくした1回分ごとの茶葉をパックにした15パックが、月ごとに入れ替わりでお届け。「teploティーポット」で一番おいしく、一番手軽に淹れられる公式茶葉は、20種類以上のバリエーションからセレクトされる。

パーソナライズ抽出機能に対応した唯一の茶葉で、飲み手に最適な状態のお茶を淹れるティーポットの実力を存分に味わってみたいものだ。

©LOAD&ROAD
©LOAD&ROAD
© Teplo LOAD&ROAD / YouTube

『スマートティーポット「teploティーポット」公式茶葉サブスクリプションサービス』
【月額料金】1700円(税抜、送料込)※日本国内のみ
【セット内容】teplo公式茶葉15パック
【配送頻度】毎月一回  ※お申し込みはteploティーポット公式アプリ内にて受付
【詳細】teplo公式サイト https://teplotea.com/ja/

Top image: © LOAD&ROAD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。
スマートフォンアプリの開発や運営をおこなう「ROLLCAKE」より、「旅するように楽しむ、お茶の定期便」をコンセプトにした新サービス「Tea」が今月15日...
お湯を注ぐとグラスのなかにキレイな花が咲く。中国「工芸茶(造形茶)」のご紹介。
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
お茶は大人の男女にうってつけの愛の媚薬。
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
お米に愛される土鍋「best pot」を販売する「株式会社MOLATURA」が今月1日から、季節に合わせた貴重なお米が届くサービス「お米のサブスク」を開始。
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
伊勢茶カフェ「深緑茶房 名古屋店」から和やかなサプライズができる新ギフト「選べる伊勢茶はがき」が9月17日に発売された。
“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
お茶本来のおいしさ、香り、旨み、渋みを誰でも簡単に引き出せ、現代のライフスタイルにもマッチした茶器。それが沈殿抽出式ティードリッパー「刻音」
廃棄になる「宇治茶葉」を、茶葉の元の姿「植物」として目と香りで楽しむものに生まれ変わらせたフラワーボックス「茶和花」が1月より販売をスタートした。
日本で生まれた日本茶ベースのハーブティーをご紹介。
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
自然のなかでお茶が点てられる「野点(のだて)セット」が「Snow Peak×中川政七商店×茶論」のトリプルコラボで発売される。
近年、確実に世の中に浸透しつつある「昆虫食」。日本最大級の昆虫食専門店「BugsFarm(バグズファーム)」では、タイの大手昆虫食メーカーが製造する、穀物...
「三井農林株式会社」のボトルドティー「WN Cold Brew Tea」シリーズに新作「Darjeeling Seasonal blend No.001 ...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...