47都道府県の名産茶を厳選!話題のサブスクサービス「O-CHA」

47都道府県のあらゆるお茶を自宅で味わうーーそんな夢のようなサブスクサービス「O-CHA」「Makuake」にてローンチされた。

お茶の農園、加工所、生産者の想いなどを有名産地に直接出向いてヒアリングし、複数のお茶の試飲を繰り返し、スペシャリティにこだわって厳選されたお茶を毎月届けてくれるこのサービス。

手間隙かけずに、しかも自宅でそれらが楽しめるというのは、このご時世、じつに嬉しいシステムといえるだろう。

「O-CHA」の個包装
©Makuake
「O-CHA」の茶葉とお茶
©Makuake

「O-CHA」は、茶葉から抽出する本格的なお茶の味わいにもこだわり、リーフタイプティーバッグタイプの2種類で展開。

しかも、産地品種抽出時間などを細かく記した飲み方のレクチャーカードも付属しているため、そのお茶にバッチリ合うオススメの飲み方で楽しむこともできるという。

品種や産地によって味わいが異なる日本茶を飲み比べできるこのサービス。リラックスタイムや在宅ワーカーのサポート役にもモッテコイ。

気になる方はコチラをチェック。

「O-CHA」ティーバッグスタイル
©O-CHA
「O-CHA」のレクチャーカード
©Makuake
「O-CHA」のTeabag box
©Makuake
「O-CHA」のリーフボックス
©Makuake
Top image: © O-CHA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
“気分に合わせて選べる”をコンセプトとした日本茶のティーバッグシリーズが、鹿児島発の日本茶専門店「すすむ屋茶店」より発売。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
廃棄になる「宇治茶葉」を、茶葉の元の姿「植物」として目と香りで楽しむものに生まれ変わらせたフラワーボックス「茶和花」が1月より販売をスタートした。
上海で人気の茶館「听云台茗茶空间」。店内ではスモークが焚かれたりして独特な雰囲気。入り口は黒い扉が設けられているのみで、外から見ると民家のよう。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。