リモートワークが教えてくれた「お茶の共有体験」の心地よさ

リモートワークになって、はや1ヶ月。Zoomを使ったオンライン会議や遠隔取材を重ねるなかで、ふと気づいたことがあります。画面の向こう側でみんなそれぞれの飲みものを飲んでいる。

グラスの液色から察することもできますが、見えないマグの中身を尋ねてみる。コーヒー、ハーブティ、チャイなんて応えも。わかりやすいのはペットボトル。そのまんま。

オフィスと違って環境はバラバラ。そんな画面越しで、普段よりもなにかこう、同じ時間を共有するつながりが持てないだろうか?と考えたわけです。飲みもので。

同じお茶を飲んで、一体感を高める

EN TEA「生姜薪火晩茶」
©

仮説はこう。

飲みものを共有することで
リモート会議に一体感が生まれる。

さっそく、誰でも手軽に準備できるお茶をオンラインで注文。後日、Zoomでの会議の場で、そのお茶を飲みながら話をしようと呼びかけました。

選んだのは、EN TEA「生姜薪火晩茶」。

3年以上人の手を介さず、自然のまま育った茶の木を薪火で焙煎した晩茶に生姜、ナツメ、朝鮮人参をブレンドしたもの。晩茶とは「冬摘みのお茶」のこと。古木のようなスモーキーな香りの奥から、やんわりと和漢植物の味わいが口内に広がる、すっきり飲みやすいスパイスティです。

ティーバッグ入りのため、マグにそのままポンと入れるだけ。かんたんです。

「味」と「香り」の共有

こうして、会議当日。

あらかじめ湯を沸かしておいて、スタートとともにティーバッグを入れたマグやグラスにお湯を注ぎます。推奨時間どおりに待つこと180秒。

「さあ、お茶にしましょう!」

薄霧のようにやんわりした湯気を鼻に近づけ、マグやグラスを傾ける。まずはひと口。それから、ほっとひと呼吸。思い思いに味の感想なんかを語り合ってから本題に入りました。

結果は……正直なところ一度だけではまだわからない。

でも、同じ一杯のお茶を通してそこから会話が生まれ、心開いて語り合えたのは収穫。なにより、場が和やかになった!そして、ほんの少しだけ画面越しの距離が縮まったように僕は感じました。

コミュニケーションツールとしてのお茶

さて、これがコーヒーだったら?

焙煎した豆をそれぞれの環境でドリップしていれる。少しだけハードルが上がりますが、やってやれないことはありません。ミルクティだって、時間があればフルーツやハーブを漬け込んだインフューズドウォーターをつくるのもいい。まずは、始めやすいところから。

大事なのは、同じ時間に味覚と嗅覚を共有すること。離れているからこその一体感を飲みもので得る。お茶を介した共有体験をもう少し続けてみようと思います。

一杯のお茶から伝わるもてなしの心。お茶の精神性にならえば、リモートの画面越しだってきっと心を通わせることができるはず。コーヒーと同じく、お茶も優れたコミュニケーションツールですから。

 

Top image: © 2020 NEW STANDARD
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
「MAISON SPECIAL」が、在宅で働く人に向けたセットアップ「リモートワークスーツ」を販売中。本格的なドレスアイテムなのに快適で楽チンな機能が満載。
嗅覚を通して脳に伝わることで自律神経には働きかけ、心身にさまざまな作用をもたらす精油を用いれば、リモートワークをより快適に過ごせるかも?朝、仕事モードに切...
同ブランド公式サイトにて、独自の研究結果をベースに導き出したリモートワークに最適な環境作りのコツを公開中。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
日本発のシーシャブランド「OCHILL(おちる)」は、新しいシーシャ「#吸うお茶」を作るプロジェクトを立ち上げた。当プロジェクトを通じて、日本らしい「Ch...
2020年5月6日に販売開始予定の「Forme Life」は、AIが搭載されたスマートスクリーンだ。映し出されるのは、ボクシングやヨガのトレーナー、インタ...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
iHerb(アイハーブ)で買える、リモートワーク中だからこそ食べられる「中毒性のある缶詰」3つをご紹介。いわしの缶詰、オイル漬けアンチョビ、スモークオイス...