リモートワークが教えてくれた「お茶の共有体験」の心地よさ

リモートワークになって、はや1ヶ月。Zoomを使ったオンライン会議や遠隔取材を重ねるなかで、ふと気づいたことがあります。画面の向こう側でみんなそれぞれの飲みものを飲んでいる。

グラスの液色から察することもできますが、見えないマグの中身を尋ねてみる。コーヒー、ハーブティ、チャイなんて応えも。わかりやすいのはペットボトル。そのまんま。

オフィスと違って環境はバラバラ。そんな画面越しで、普段よりもなにかこう、同じ時間を共有するつながりが持てないだろうか?と考えたわけです。飲みもので。

同じお茶を飲んで、一体感を高める

EN TEA「生姜薪火晩茶」
©

仮説はこう。

飲みものを共有することで
リモート会議に一体感が生まれる。

さっそく、誰でも手軽に準備できるお茶をオンラインで注文。後日、Zoomでの会議の場で、そのお茶を飲みながら話をしようと呼びかけました。

選んだのは、EN TEA「生姜薪火晩茶」。

3年以上人の手を介さず、自然のまま育った茶の木を薪火で焙煎した晩茶に生姜、ナツメ、朝鮮人参をブレンドしたもの。晩茶とは「冬摘みのお茶」のこと。古木のようなスモーキーな香りの奥から、やんわりと和漢植物の味わいが口内に広がる、すっきり飲みやすいスパイスティです。

ティーバッグ入りのため、マグにそのままポンと入れるだけ。かんたんです。

「味」と「香り」の共有

こうして、会議当日。

あらかじめ湯を沸かしておいて、スタートとともにティーバッグを入れたマグやグラスにお湯を注ぎます。推奨時間どおりに待つこと180秒。

「さあ、お茶にしましょう!」

薄霧のようにやんわりした湯気を鼻に近づけ、マグやグラスを傾ける。まずはひと口。それから、ほっとひと呼吸。思い思いに味の感想なんかを語り合ってから本題に入りました。

結果は……正直なところ一度だけではまだわからない。

でも、同じ一杯のお茶を通してそこから会話が生まれ、心開いて語り合えたのは収穫。なにより、場が和やかになった!そして、ほんの少しだけ画面越しの距離が縮まったように僕は感じました。

コミュニケーションツールとしてのお茶

さて、これがコーヒーだったら?

焙煎した豆をそれぞれの環境でドリップしていれる。少しだけハードルが上がりますが、やってやれないことはありません。ミルクティだって、時間があればフルーツやハーブを漬け込んだインフューズドウォーターをつくるのもいい。まずは、始めやすいところから。

大事なのは、同じ時間に味覚と嗅覚を共有すること。離れているからこその一体感を飲みもので得る。お茶を介した共有体験をもう少し続けてみようと思います。

一杯のお茶から伝わるもてなしの心。お茶の精神性にならえば、リモートの画面越しだってきっと心を通わせることができるはず。コーヒーと同じく、お茶も優れたコミュニケーションツールですから。

 

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
「JR東日本」と「KDDI」が「新幹線オフィス」の実証実験をおこなうことを発表した。東北新幹線のうち、対象となっている列車の一部車両が「リモートワーク推進...
パソコン周辺機器を取り扱う「サンワサプライ」から、マウスもパッドもスッキリと持ち運べる「マウス収納ケース」が登場。
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
平日にリモートワークできるホテルや旅館を探せる新サービス「Otell」がスタート。掲載されているのは、都内から2時間以内で移動でき、仕事環境が整った個室の...
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
お茶は大人の男女にうってつけの愛の媚薬。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
同ブランド公式サイトにて、独自の研究結果をベースに導き出したリモートワークに最適な環境作りのコツを公開中。
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
太陽光利用型植物工場にワークスペースを装備したスペース「Veggie_Works」設置され、アグリワーケーション施設として2021年2月から運用開始。
「コクヨ株式会社」が「UHA味覚糖株式会社」、「Whatever Inc.」と共同で、ミントタブレット「minute mint」を企画・制作。1月20日に...
日本で生まれた日本茶ベースのハーブティーをご紹介。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
応援購入サービス「Makuake」にて先行販売を実施している背もたれ「minicute」は、人間工学に基づいた設計で、理想的な姿勢を維持してくれる。
ケニア共和国が25年もの歳月をかけて生み出したお茶「紫茶」。この紫茶を100%使用した「クレンズパープルティー」の販売が開始された。
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
自然のなかでお茶が点てられる「野点(のだて)セット」が「Snow Peak×中川政七商店×茶論」のトリプルコラボで発売される。
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
スマートフォンアプリの開発や運営をおこなう「ROLLCAKE」より、「旅するように楽しむ、お茶の定期便」をコンセプトにした新サービス「Tea」が今月15日...
47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。