リモートワークでも社員と雑談したい!そんなときには「RemoRoom」

「リモートワークには慣れてきたけど、会社の仲間たちとの他愛のない雑談が恋しい......」という人も少なくないはず。

そんな人にぜひとも利用してほしいサービスをスタートアップ企業「ハイマネージャー」がリリース。「RemoRoom」と名付けられたサービスの目的は、なんと“雑談”だ。

会社の仲間や同僚と交わす何気ない会話から、いいアイデアが生まれたり、悩みが解消されるなどといった、社会人ならきっと誰もが経験したことがあるはずのシチュエーション。そんな雑談の大切さにフォーカスを当て、リモートワークや在宅勤務でも気軽な会話を楽しめるよう開発・設計された音声通話サービス「RemoRoom」。

雑談専用ルームには、そのタイミングで会話できる社員のステータスが表示されているため「今、ちょっといいですか?」と恐る恐る声をかける必要もなし。

また、業務に支障を来さない範囲で雑談を楽しむため、使用には10分間という制限時間が設けられており、仕事と休憩のオン・オフの切替もカンタンだ。

適度な息抜きは効率よく仕事をするための潤滑剤。有意義な雑談で、リモートワークにメリハリを。

現在、事前登録を受付中だ。

『RemoRoom』
【価格】5月末まで0円 ※6月よりメンバー1人つき500円/月
【公式サイト】https://remote.himanager.me/
【事前登録】https://remote.himanager.me/contact-demo

Top image: © RemoRoom
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事