沖縄・北中城の「カフェスバコ.」でリモートワークを夢見てしまった日

「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」

そんな風に思ってしまった場所があります。

沖縄・北中城の外国人住宅が集まっている丘を上ってたどり着いた「カフェスバコ.」。

村の小さな洋食+カフェです。

沖縄のカフェで
おいしいゴハンとゆったり時間

他になにもいらない。

そう思ってしまうほど、フワフワした気分になれる空間。

この日のランチプレートは、「県産豚ロースの厚切りソテー オレンジバターソース」。このソースが本当においしくて、バター風味の満腹感と、爽やかなオレンジの後味が絶品です。

プレートは週替わりなのだそうです。インスタを見ると、過去の色々なバリエーションが見れて、「うわ、これもう一回やってくれないかな!」というものがたくさん出てきます。ランチの定番メニューには、他にもココナッツカレーやビーフストロガノフ、日替わりパスタなどもあり、4種類から選べます。紅芋のキッシュも甘みのバランスがちょうど良くて、大満足。

自家製のスイーツもあるので、カフェタイムにも使いたくなってしまいます。

癒し度100%、大阪出身のこはるさんとしげやんさん。

オープンしたのは2011年の春とのことで、今年で7年目。地元の人も県外の人も、徐々にクチコミで常連のお客さんが増えてきているそうです。

いたるところに
小鳥と巣箱

コンセプトの通り、店内にはさまざまな小鳥や巣箱のインテリアが置いてあります。手作り感にぬくもりを感じるし、「あ、ここにも!」と見つけたときにはちょっと嬉しくなります。

長居するほどに、どんどんやさしい性格になれそうです。

気に入ってしまった
カフェスバコ.の「奥の部屋」

ちょうどいいポカポカの日差しが大きな窓から差し込んできて、とても気持ちがいい1日でした。

ここでじっくり調べものをしたり、本を読んだり、原稿を書いたり、そんな風に仕事をしたいなぁと、つい取材中ながらも思ってしまったんですよね。

外国人住宅をリノベーションしているので、奥まった部屋もあって、その日の気分に合わせて席を選んでモードを切り替えられそうなのもいい。友だちやお店の人との会話を楽しみたいときは入り口に近いところ。まったりしたいときや集中したいときは奥の部屋、といった風に。

カフェスバコ.

住所:沖縄県中頭郡北中城村仲順264-4 No.69
TEL:098-989-6282
営業時間:
ランチ 11:00〜18:00(L.O 17:00)
カフェ 14:00〜18:00(L.O 17:00)
定休日:金曜日
※ちいさなお店なので、できるだけクルマは乗り合わせを。

Facebook)(Instagram

Photo by JAPAN LOCAL
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
沖縄県 > 南城市沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素と...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
2017年の9月に北谷にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄県初のカフェ&ホステルという形態。お店の名前は、フシギなめぐり...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...