沖縄の「カフェスバコ.」でリモートワークを夢見てしまった日

「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」

そんな風に思ってしまった場所があります。

沖縄・北中城の外国人住宅が集まっている丘を上ってたどり着いた「カフェスバコ.」。

村の小さな洋食+カフェです。

沖縄のカフェで
おいしいゴハンとゆったり時間

他になにもいらない。

そう思ってしまうほど、フワフワした気分になれる空間。

E1ceacfa04be43f810d4d7cd422fe2f6e75b6268

この日のランチプレートは、「県産豚ロースの厚切りソテー オレンジバターソース」。このソースが本当においしくて、バター風味の満腹感と、爽やかなオレンジの後味が絶品です。

プレートは週替わりなのだそうです。インスタを見ると、過去の色々なバリエーションが見れて、「うわ、これもう一回やってくれないかな!」というものがたくさん出てきます。ランチの定番メニューには、他にもココナッツカレーやビーフストロガノフ、日替わりパスタなどもあり、4種類から選べます。紅芋のキッシュも甘みのバランスがちょうど良くて、大満足。

自家製のスイーツもあるので、カフェタイムにも使いたくなってしまいます。

3cab77c03db234efe21013c060fbc935e479642aDa2b5de24ecf8be7fb84418232b263b8fa454a6b

癒し度100%、大阪出身のこはるさんとしげやんさん。

オープンしたのは2011年の春とのことで、今年で7年目。地元の人も県外の人も、徐々にクチコミで常連のお客さんが増えてきているそうです。

いたるところに
小鳥と巣箱

F8ed1ec78eba468982db02a34320dc9cf103b881Cdc042b644c0d50128e04d47bf15af424d10c1f2E1592a94e5da7b10026b6d7886a1ce948778d0ff

コンセプトの通り、店内にはさまざまな小鳥や巣箱のインテリアが置いてあります。手作り感にぬくもりを感じるし、「あ、ここにも!」と見つけたときにはちょっと嬉しくなります。

長居するほどに、どんどんやさしい性格になれそうです。

気に入ってしまった
カフェスバコ.の「奥の部屋」

1b45cff3fbcff62e253594754688e181842c9ca0

ちょうどいいポカポカの日差しが大きな窓から差し込んできて、とても気持ちがいい1日でした。

ここでじっくり調べものをしたり、本を読んだり、原稿を書いたり、そんな風に仕事をしたいなぁと、つい取材中ながらも思ってしまったんですよね。

外国人住宅をリノベーションしているので、奥まった部屋もあって、その日の気分に合わせて席を選んでモードを切り替えられそうなのもいい。友だちやお店の人との会話を楽しみたいときは入り口に近いところ。まったりしたいときや集中したいときは奥の部屋、といった風に。

A85af244f253af76779de5b84c7a8d04da7b2bcb2c77d3316140842a073a23132c7ddab500b532a4

カフェスバコ.

住所:沖縄県中頭郡北中城村仲順264-4 No.69
TEL:098-989-6282
営業時間:
ランチ 11:00〜18:00(L.O 17:00)
カフェ 14:00〜18:00(L.O 17:00)
定休日:金曜日
※ちいさなお店なので、できるだけクルマは乗り合わせを。

Facebook)(Instagram

Photo by JAPAN LOCAL
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
2017年の9月に北谷にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄県初のカフェ&ホステルという形態。お店の名前は、フシギなめぐり...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
実は那覇からも近い南城市。沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...