【沖縄】リピーターなら、あえて「モーテル泊」で味わう最高の島時間を!

まだ、アメリカの統治下にあった1970年代初頭の沖縄。その時代に建てられた施設をリノベーションして、新たに「モーテル」として生まれ変わらせたデザインホテルが、本島中部に開業しました。

気分はまるでロードムービーの主人公。窓から海が見えるだけが、この島の魅力じゃありませんよ。

リアルな“Okinawa”を体感する
モーテル泊が面白そう

Bb6f0d6a97d45b3b73e0c5714fcdaf68a7544a3e

一列に並ぶガレージから、キャデラックやサンダーバードといったアメ車が今にも出てきそうなこの感覚。スクリーンの中でしか出会えないような世界が、那覇から1時間ほどの場所にありました。

ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着いた住宅地が広がっています。

2bb4995587d5cdb7b84aa796d31e57ddea2aea82

日本とアメリカ、ふたつのカルチャーがミルフィーユ状に折り重なるようにして、琉球文化と混じりあう場所。この沖縄の象徴のような地区には、アメリカ統治時代の“Okinawa”だったころに建てられた建物が今も多く点在し、ここ数年カフェやセレクトショップへと改装した店舗が次々とオープンする注目のエリアです。

その一角に開業したのが「SPICE MOTEL OKINAWA」。建築デザインオフィスがリノベーションした、開放感あふれるデザインモーテルです。

部屋は選べる3タイプ
もちろん、ガレージ付きも

Ea5c2b0ac3744110332b412d3b5836b2950db1385d0ac7bb373ddcbf7c58136f1c8c925861cb882fA2d3151ca62f19a5a607dd3330944850e62f19ac7c25d97d68db9dfad4666965696e549a58a30a04

部屋のタイプはダブル、ツイン、トリプルまで(1泊5,200円〜)。かつてのモーテルを再現したインテリアの部屋は、外国人旅行者にも人気があるんだそう。また、北部へと向かう旅の中継点として単泊で利用したり、さらには腰を据えてのロングステイにも、旅のスタイルやスケジュールに合わせて利用できる“気軽さ”が魅力です。

847945825a30fb0e6a3e047b5587b52e12ac52bf

こちらは併設のカフェ。ひときわ目を引く「自動車」のネオン看板は、もともと建物の屋根にあったものを再利用したものだとか。出会いの場となるロビーラウンジにくつろぎながら、旅の情報を交換したり、泡盛のグラスを傾けながら旅の余韻に浸ったり。ホテル泊とはひと味違う「島時間」を堪能できるはず。

ちなみに、一番近いビーチまでは車で約10分ほどだそう。

Da698b612770562d3290041745ece7e195e9d46c

ところで、県の観光統計資料によると、沖縄を訪れる観光客の約8割がリピーター層だといいます。コバルトブルーの海が広がる、オーシャンビューのリゾートホテル泊も当然すてきだけど、普段着感覚で沖縄を体感するのも、この島の楽しみ方ですよね。目の前に迫ったGW、もしくは夏休みに。予約は公式ページからどうぞ。

三線の音色がいつもと違って聞こえてくるはず。

Licensed material used with permission by SPICE MOTEL
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
ロードトリップに欠かせないのが、道路沿いにあって素泊まりできるモーテル。と言いたいところですが存在感は薄れてきているようです。サンノゼ州立大学の教授And...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
2017年の9月に北谷にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄県初のカフェ&ホステルという形態。お店の名前は、フシギなめぐり...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...