試される島、沖縄の「西表島」で夜のジャングルへ

沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多いし、ハブはそこいら中に生息する。

—— 西表島は、試される島なのだ。

しかしこの島の野生を楽しむことは、この島でしかできないがために、多くのネイチャーラバーが中毒にかかる。もしかすると、そんな野生の魅力こそが一番の毒なのかもしれない。

会えないからこそ価値がある
イリオモテヤマネコ

4701309521362944

沖縄本島にほど近い……そんなイメージがある西表島は、実際には台湾の隣島といってもいいほどの位置にある。実に那覇からは430km! 一方で台湾までは190kmしかないのだ。

東京からは、羽田〜石垣島の直行便を使っても、そこから先はバスと小さな高速船を乗り継いでいかねばならない。早朝に東京を出ても、西表島につくのは夕方になってしまう。

4768055292854272

ホテルニラカナイ西表島」に着いたなら、まずは「ヤマネコの学校」で西表島をざっと知るのがオススメだ。

実際、イリオモテヤマネコに会うことはかなり難しい。このヤマネコの学校でも教えてもらえるが、現存するヤマネコはおおよそ100体前後だと言われている。かつてはヤマネコは猫の一種だと島民に思われていたそうで、特別に手厚く保護されていなかったようだけど、今ではイリオモテヤマネコに西表島がいかに振り回されているか、を知るたびに苦笑してしまう。

とくに交通事故死で激減したとされるイリオモテヤマネコを救うべく、現在県道の下にはヤマネコ用のトンネルが100本ほどある。1匹1本を超える。ヤマネコだけではなく自然を守るためだけど、西表島では犬猫を飼うためにはマイクロチップをつけなければいけない。厳しく飼育が制限されているため、野良犬・猫は皆無だ。

とにかく、夜行性で頭数も少ないイリオモテヤマネコは、会えたらラッキー。島に住み込んでいるガイドさんでも年に3回ほどしか遭遇しないそう。

西表島で
夜のジャングルを冒険する

4987231131402240

夜は静寂に包まれるかと思いきや、生き物のうごめく音や風の音で満ちている。これもヤマネコを守るためだが、西表島には街灯がほとんど無いため、漆黒の闇だ。森の音と闇が織りなすジャングルの夜は、とても神秘的。

ジャングルはサバイバルシーンなどで登場することも多いが、事実、西表島のジャングルでは毎年遭難者が出ている。とくにマングローブの森は方向感覚を狂わせ、高い湿度が体力を奪っていく。

その分、ガイドがついている “アクティビティ” として夜のジャングルに入っていくことは、当然ながらとても安全。

夏なら、多くの虫や動物に遭遇できる。

4903800955469824

ちなみに、長靴は必須。ニラカナイ西表島のアクティビティならレンタル可。

ビーチの朝のストレッチも
ある意味、毒だ

6493720975245312

「ニラカナイ西表島」のプライベートビーチ感は、少し現実離れしたものだ。ホテルのプール脇を通り抜けると、真っ青なビーチが拡がる。

朝散歩をしていると、自宅のある東京には帰りたくなくなってくる。

6568539842412544

朝日とともにストレッチをするアクティビティは無料。夜のジャングルを歩いてこわばってしまった体がほぐされていく。

ここまで「試される島」「毒」などと少々刺激的に語ってしまったけれど、西表島は、健康的な生活を手に入れるための場所でもあるのだ。

そんな表裏一体の表情が「西表島中毒」を生み出すのかもしれない。

54867717982781445036585405906944

ホテルニラカナイ西表島

住所:沖縄県八重山郡竹富町上原2-2
TEL:0980-85-7111

Photo by 稲垣正倫
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...