試される島、沖縄の「西表島」で夜のジャングルへ

沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多いし、ハブはそこいら中に生息する。

—— 西表島は、試される島なのだ。

しかしこの島の野生を楽しむことは、この島でしかできないがために、多くのネイチャーラバーが中毒にかかる。もしかすると、そんな野生の魅力こそが一番の毒なのかもしれない。

会えないからこそ価値がある
イリオモテヤマネコ

沖縄本島にほど近い……そんなイメージがある西表島は、実際には台湾の隣島といってもいいほどの位置にある。実に那覇からは430km! 一方で台湾までは190kmしかないのだ。

東京からは、羽田〜石垣島の直行便を使っても、そこから先はバスと小さな高速船を乗り継いでいかねばならない。早朝に東京を出ても、西表島につくのは夕方になってしまう。

ホテルニラカナイ西表島」に着いたなら、まずは「ヤマネコの学校」で西表島をざっと知るのがオススメだ。

実際、イリオモテヤマネコに会うことはかなり難しい。このヤマネコの学校でも教えてもらえるが、現存するヤマネコはおおよそ100体前後だと言われている。かつてはヤマネコは猫の一種だと島民に思われていたそうで、特別に手厚く保護されていなかったようだけど、今ではイリオモテヤマネコに西表島がいかに振り回されているか、を知るたびに苦笑してしまう。

とくに交通事故死で激減したとされるイリオモテヤマネコを救うべく、現在県道の下にはヤマネコ用のトンネルが100本ほどある。1匹1本を超える。ヤマネコだけではなく自然を守るためだけど、西表島では犬猫を飼うためにはマイクロチップをつけなければいけない。厳しく飼育が制限されているため、野良犬・猫は皆無だ。

とにかく、夜行性で頭数も少ないイリオモテヤマネコは、会えたらラッキー。島に住み込んでいるガイドさんでも年に3回ほどしか遭遇しないそう。

西表島で
夜のジャングルを冒険する

夜は静寂に包まれるかと思いきや、生き物のうごめく音や風の音で満ちている。これもヤマネコを守るためだが、西表島には街灯がほとんど無いため、漆黒の闇だ。森の音と闇が織りなすジャングルの夜は、とても神秘的。

ジャングルはサバイバルシーンなどで登場することも多いが、事実、西表島のジャングルでは毎年遭難者が出ている。とくにマングローブの森は方向感覚を狂わせ、高い湿度が体力を奪っていく。

その分、ガイドがついている “アクティビティ” として夜のジャングルに入っていくことは、当然ながらとても安全。

夏なら、多くの虫や動物に遭遇できる。

ちなみに、長靴は必須。ニラカナイ西表島のアクティビティならレンタル可。

ビーチの朝のストレッチも
ある意味、毒だ

「ニラカナイ西表島」のプライベートビーチ感は、少し現実離れしたものだ。ホテルのプール脇を通り抜けると、真っ青なビーチが拡がる。

朝散歩をしていると、自宅のある東京には帰りたくなくなってくる。

朝日とともにストレッチをするアクティビティは無料。夜のジャングルを歩いてこわばってしまった体がほぐされていく。

ここまで「試される島」「毒」などと少々刺激的に語ってしまったけれど、西表島は、健康的な生活を手に入れるための場所でもあるのだ。

そんな表裏一体の表情が「西表島中毒」を生み出すのかもしれない。

ホテルニラカナイ西表島

住所:沖縄県八重山郡竹富町上原2-2
TEL:0980-85-7111

Photo by 稲垣正倫

関連する記事

沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
西表島の豊かな自然と文化を次世代に継承するために、私たちツーリスト、一人ひとりにもできることがあるのでは?そんな思いで、2019年4月に「Us 4 IRI...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
発売後即完売となったアイランドジン。沖縄の恵みが詰まっています。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...
じっくり人の流れから離れながら、優雅に心の浄化旅をできる「春先の石垣島」をオススメ。自然はキレイだし、リゾートとして少し都会。保守的な人も安心できる癒しの...
奄美群島・喜界島に暮らす夫婦が、ひとつひとつ丁寧に手づくりした、無添加・無着色の「TORA TORA COLA」。
「見えないものが、見えてくる。小豆島“迷路のまち ナイトツーリズム”」と題された香川県・小豆島のユニークな期間限定ナイトイベントが今夜から開催される。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...