沖縄・那覇の夜に「BACAR」のピッツァという最高の選択肢あり

沖縄・那覇市にある「BACAR(バカール)」で食べられるピッツァは、2種類だけです。

マルゲリータとマリナーラ。

なぜか?

それこそが、シンプルにピッツァを味わう最上の “かたち” だから。

—— そう聞いては、行かずにはいられない!

沖縄でピッツァを食べるなら
「BACAR(バカール)」

「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの、実際は大繁盛店のため、店内はいつも熱気に溢れています。

カウンター中心なのでひとりでフラッと入る人もいれば、テーブル席で楽しむ家族まで、地元の「愛されるピッツァ屋さん」であることに違いはないけれど、その味は超がつくほど本格的。

じつは最初にBACARを紹介してもらったとき、沖縄まで来てピッツァかぁ…と、あまりピンと来てなかったんです。

スタッフが走って届けてくれる
熱々のマルゲリータ

フレッシュモッツァレラとバジリコの「マルゲリータ」

「1秒でも早く焼き上がりのピッツァを」と言わんばかりに、最高の状態で席まで届けてくれます。お店が忙しいときには、スタッフさんも走る!

いただくこちらも「熱いうちに!」と気合いが入ります。火傷しないように気をつけながらほおばると、ジューシーな具とモチモチの生地が口のなかに広がります。うまい!

見た目もシンプルだし、焼き上がりまでの工程も超シンプル。まさに、引き算の美学を感じました。

オーナーの仲村大輔さんに訊いてみても、答えはシンプル。

「味わってほしいのは、やっぱり生地ですよね。気温とか、その日のコンディションを感じながら、発酵も熟成も火加減も、ベストな状態になるようにセンサーを働かせています。昔は東京のお店で働いていました。でも、地元の沖縄でも同じ味を食べてもらいたいなって思って始めたんですよね。ピッツァって本来はとても身近な食文化だと思っていて、気軽に食べてほしいのでイベントのケータリングとかもやってるんですよ」

写真提供:The SCARPETTERS

前菜には
沖縄県産ハムの盛り合わせ

ピッツァの前にいただいた、前菜の「自家製 県産ハム 二種盛り合わせ」。島豚のロースハムと、もとぶ牛の生ハムです。これがまたシンプルだけど、うまい。

他には、魚介のサラミ仕立てや、ブロッコリーなどの野菜をベースにしたものもあります。

ナポリを代表するパスタ「FAELLA」の袋を活かした照明も雰囲気あります。

 

—— 僕と同じように、沖縄でピッツァという組み合わせに意外性を感じた人にこそ行ってほしい「BACAR」。ちょっとビックリすると思いますよ。

BACAR(バカール)

住所:沖縄県那覇市久茂地3-16-15
TEL:098-863-5678
営業時間:18:00〜23:00(L.O. 22:30頃)
定休日:無休

Photo by JAPAN LOCAL
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
実は那覇からも近い南城市。沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...