1分半で溶けるようデザインされた「リモートワーク用スナック」

コクヨ株式会社」が「UHA味覚糖株式会社」、「Whatever Inc.」と共同で、ミントタブレット「minute mint」を企画・制作。1月20日に販売を開始した。

“おいしい時間のはかり方”が体験できるミントタブレットで、パッケージに表示されている時間で溶けるよう設定されている(※1)。1分30秒のフォーカスミントと3分のリフレッシュレモンの2種類。リモートワークでのオンオフの切り替えに最適な新感覚スナックだ。

仕事の合間のリフレッシュとして定番のミントタブレットだが、コロナ禍では対面機会が減少し、エチケット商品の売上が低下中。また、一般化したリモートワークではオンオフの切り替えが難しいうえ、長時間労働になりやすかったり、オンライン会議が隙間なく入ってしまったりと「休憩」が課題として顕在化している。

そこで、脳科学において人間の感情が収束するのに必要といわれる「90秒(※2)」をリフレッシュの最小単位と捉え、1分半・3分で舐め終わるミントタブレットが開発されたというわけ。多くの人が同じ時間で舐め終わるよう、試食調査を繰り返し、0.01g単位までこだわって製品を作り込んだそうだ。

価格は198円(税別)で、コクヨの直営店「THINK OF THINGS」、Whateverがクリエイティブディレクションを手がける「New Stand Tokyo」、各ショップのオンラインストアにて購入可能。

※1 溶け方は個人の舐め方に依存します
※2 参考:
『奇跡の脳』ジル・ボルト・テイラー著、竹内薫訳、新潮社

© コクヨ株式会社
© コクヨ株式会社
Top image: © コクヨ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
「JR東日本」と「KDDI」が「新幹線オフィス」の実証実験をおこなうことを発表した。東北新幹線のうち、対象となっている列車の一部車両が「リモートワーク推進...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。