耳の感覚を研ぎ澄ますアクセサリー「KIKIMIMI」誕生

カクテルパーティーでは大勢の人がそれぞれに雑談している環境において、自分が興味のある人の会話や自分の名前などは自然と聞き取ることができる——。

この、いわゆる“カクテルパーティー効果”を利用した、耳の感覚を研ぎ澄ますアクセサリーが誕生した。

その名も「KIKIMIMI(キキミミ)」。着用すると両手で耳を覆ったような形になることから、とくに顔の正面からの音にフォーカスされ、何も付けていないときよりも話し声や音楽などが聞き取りやすくなるのだという。

ポリプロピレン樹脂でできたシートを折り紙のように折って留めることで組み立てるため、軽量で持ち運びやすく、手軽に携帯しやすい形状。組み立てたときのデザイン形状には平行面がないため、フラッターエコーと呼ばれる音響障害の発生も抑えられるのだとか。

当初は音楽ライブ野外フェスなどの会場で販売することを想定していたが、コロナ禍で方針を転換。目の前の音に集中して向き合いたいときや、特定の音楽や会話をよく聞きたいときに着用するアクセサリーとして生まれ変わった。

想定される利用シーンは、自宅で映画動画サービスを集中して楽しみたいとき、オンラインミーティングで相手の声をよく聞きたいとき、屋外キャンプ場などで鳥や虫の音を探したいときなどなど。

スカイブルーレモンイエロークリアピンクの3色セット(6枚入り)で価格は2980円(税別)。購入はこちらから。

© ハイジ・インターフェイス株式会社
© ハイジ・インターフェイス株式会社
© ハイジ・インターフェイス株式会社
Top image: © ハイジ・インターフェイス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
「JR東日本」と「KDDI」が「新幹線オフィス」の実証実験をおこなうことを発表した。東北新幹線のうち、対象となっている列車の一部車両が「リモートワーク推進...
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。