「高校時代を思い出す」プレイリスト #06

James Daniels

イギリス出身、映像ディレクター・カラリスト。子どもの頃からミュージシャンや音楽好きに囲まれて育つ。大学入学前に、バンドをやりながら音楽スタジオでアシスタントとしてバイトを経験。ロンドン在住経験あり。音楽に関しては雑食。自分のルーツを挙げるとすれば、70's〜80'sのパンク、ポストパンク、ニューウェイブ

僕がむかし聴いていたノスタルジックなトラックの紹介。

ティーンエイジャーだった僕と友だちは、いつもライブに行っていて。たくさんの人がバンドをやっていたり、バンドに入っている兄弟姉妹がいたりしたから、音楽フェスにゲストで入れてもらったり、ツアーで楽器や音響機器を扱う仕事をしていたりしていたんだ。

親が家に帰ってこないときはハウスパーティー。音楽をやっている人たちが集まって、演奏をして、リビングでライブを体感できたのは楽しかったな。

skinsというドラマを観たことあるかな? もう、まさにそんな感じ。

とにかく、アッパー・スクールとシックス・フォーム時代の僕にとって、音楽は人生のほとんど。そのあともだけど、ね。

そんな気分にさせてくれるトラックを選んでみたので、ぜひ聴いてみて!

#高校時代を思い出す10曲

© Spotify
Top image: © James Daniels

関連する記事

自分だけのワークアウト用プレイリストを作成してくれるサービス「Soundtrack Your Workout(サウンドトラック ユア ワークアウト)」がデ...
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
思わずキッチンでダンスパーティーをしたくなるプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
放課後を思い出すプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
音楽ストリーミング大手「Spotify」が、世界的に有名なDJたちと共作したプレイリストシリーズ「track IDs」をスタート。DJが曲をプレイする際に...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。