検閲をくぐり抜けた、ジャーナリストたちのプレイリスト

ここ最近は、もっぱらストリーミングサービスを使って音楽を聴いています。通勤用と帰宅後それぞれのプレイリストを作り、日々新しい曲を追加していくのが楽しい。

今回紹介したいのは、Apple MusicやSpotify、Amazon Musicなどの大手が想定していなかったであろう、とあるプレイリスト。

ジャーナリストが見つけた抜け道

名前は「The Uncensored Playlist(検閲されていないプレイリスト)」。

中国、ベトナム、ウズベキスタン、タイ、エジプトの5人のジャーナリストたちは、各国の厳しい検閲があり、自分たちが取材して知った真実を伝えることができませんでした。

そこでうまく検閲をくぐり抜けるために考えた策は、音楽ストリーミングサービスのプレイリストを使うこと。

全10曲で構成されるこのプレイリスト、歌詞に使われているのは検閲によって公開できなかった記事なのです。

紹介ビデオの中で制作メンバーの1人でウズベキスタンのジャーナリストGalima Bukharbaeva氏はこう宣言します。

政府は「結局、検閲など無意味だ」と理解しなければならないだろう。絶対にね。

このプレイリストは現在、Apple MusicSpotifyDeezerで公開されています。

Licensed material used with permission by The Uncensored Playlist
先月「National Geographic(ナショナルジオグラフィック)」とコラボしたバービー人形「フォトジャーナリスト版」が発売された。大人も集めたく...
アメリカに暮らすHilde Kate Lysiakの趣味は、ジャーナリストとしてニュースを報道すること。彼女は、地元で新聞を刊行し、ニュースメディア「Or...
NGO団体「国境なき記者団」が、国による検閲から逃れた自由な図書館を“Minecraft”に設立。豪華絢爛なゲーム内の図書館に、現時点で実際の5人のジャー...
人気ジャーナリスト丸山ゴンザレスと写真家伊藤大輔によるトークショーの一部始終。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
思わずキッチンでダンスパーティーをしたくなるプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
「高校時代を思い出す」プレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
「ゲッティイメージズ」は気候変動の危機を発信するために「Climate Visuals」と協力して「ゲッティイメージズ・クライメイト・ビジュアル奨励金」を...
ジャーナリストとして、世界中の著名人に取材をしてきた谷本有香氏。「2%伝わればいい」と言う彼女が考えるこれからのメディアの在り方とは? 同じく10代でアメ...
日曜日の朝、お風呂上がりに聞きたくなるプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
アダルトグッズで有名なあの「TENGA」からワークアウトグッズが登場した。マスターベーションしながらにして筋トレができてしまうステンレス製のダンベルだ。
日本が誇る文化「抹茶」を新たな方法で世界に広めようとしている「World Matcha Inc.」は、自宅で気軽に抹茶を楽しめるガジェット「Cuzen M...
放課後を思い出すプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
大の音楽好きとして知られるアメリカ合衆国の前大統領バラク・オバマが、全51曲からなる2020年の夏のプレイリストを公開。プレイリストには、ビリー・アイリッ...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。