真珠湾攻撃をくぐり抜けた船を使った「海中アート」。

海上で傾く戦艦や吹き上がる炎。そして、物凄い勢いで空を真っ黒に染めていく黒煙──。「真珠湾攻撃」の映像を初めて見たとき、前述したような光景が頭から離れなかったのを覚えています。

もう76年前の出来事ですが、この惨禍を逃れた船のひとつが今、新たな目的のもと、イギリス領バージン諸島沖の海底に沈んでいることをどれくらいの人が知っているでしょうか。

戦火をくぐり抜けた船が、
今注目される理由とは?

当時の船と聞けば、すでにボロボロであることは誰もが想像できることでしょう。しかし、決して用無しの状態で海の中にあるわけではありません。

これは、北欧に伝わる海の怪物「クラーケン」をモチーフとしたアートが取り付けられた、インスタレーションなのです。

冒頭でも触れたように、船は真珠湾攻撃を“生き残った”歴史あるもの。アートと掛け合わされることで、海中でより強い存在感を放っています。

今年の春に沈められましたが、フォトグラファーOwen Buggy氏が撮影した写真が10月に公開されると、その存在は徐々に知れ渡っていきました。

また、船はサンゴの再生や生態系などを研究するためのプラットフォームとしても活躍していくそう。

ここまで話すと大活躍しているように思える船ですが、もともとはスクラップされる運命にあったということです。戦争や“ガラクタ”として扱われた過去を乗り越え、今やっと観光客誘致や研究プラットフォームという大役を担っていると思うと、妙に感慨深いものがあります。

以下の動画は、クラーケンを船に取り付ける作業から10隻以上もの船に囲まれて海の中に沈められる様子を映したショートドキュメンタリー。気になる人はぜひ視聴してみてください。

Licensed material used with permission by Future Time Pictures, Virgin, Owen Buggy Photography, Rob Sorrenti
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
猫と坂道で有名な広島県・尾道エリアで、この地域を回廊のように巡る新たなアートフェス「海と山のアート回廊」が開かれる。それに先駆けて2017年9月16日から...
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。