日本人だけが知らない「プライバシー」3,000年の歴史

プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に比べてプライバシーの意識が曖昧と言われることもあります。

そこで、意外に知らなかったプライバシーの歴史について紹介しているこの動画を見てみましょう。

「プライバシー」の
歴史

そもそも、いつから「プライバシー」という概念ができたのでしょう。そのきっかけは、なんと「煙突」でした。

①「煙突」とプライバシーの登場

かつての人類は、光と暖を求めて、暖炉の周りに集まるしかありませんでした。当然、壁もなく、プライバシーはありません。

しかし画期的な発明が、状況を一変させます。それが「煙突」。これによって壁を使って空間を隔てることができるようになり、他の部屋からは中が見えない、という状態が生まれます

「プライバシー」の誕生です。

②「写真」技術とゴシップ

次に大きな変化を引き起こした技術は「写真」でした。それまで外に出ることがなかった上流階級の密会が、写真に撮られることによって、ゴシップとして世の中に出回るようになったのです。

撮られた側はこれに対抗するために、撮影されない権利を訴えます。「プライバシーの権利」はこうして生まれました。

③「インターネット」の普及

そして現代。皆さんお馴染みのインターネットによって、プライバシーに新たな変化が起きています。しかしその対策は、まだ十分とは言えません。

ハッキングと
コンピュータウイルス

1900年代、まだモールス信号が主流だった頃からハッカーは存在しましたが、最初の本格的なハッキングは1973年。対象となったのは電話回線で、無料で国際電話をかけられるよう、操られてしまいました。

1981年には、アメリカで初めてハッカーが逮捕。これにより、電話回線システムに「穴」があることが世間に知れ渡りました。

1980年代には、黎明期のインターネットをウイルスが襲います。

2000年には「LOVELETTER」と呼ばれるウィルスが大流行しました。名前の通り「このラブレターを読んでね」というメールで、ファイルを開くと感染してしまうというもの。これは世界のコンピュータの10%を感染させたと言われるほどの勢いで拡散し、被害総額は9億ドル(約1,000億円)とも言われています。

そして今や「ギーク」と呼ばれるコンピュータオタクたちは、政府や金融機関に雇われるようになり、サイバー世界で攻撃と防御の両方に明け暮れているのです。

暗号の歴史

では最後に、プライバシーをハッキングから守るための「暗号」の歴史を見ていきましょう。

情報を守ることの重要性は、古代から注目されていました。紀元前1500年には、陶芸家が秘伝の釉薬のレシピを敵に奪われないようにするために、暗号を使っていたという記録が残っています。

暗号が使われていたのは、軍事やビジネスにおいてだけではありません。

紀元前400年頃に出版されたインドの性典「カーマ・スートラ」(現存するものでは最古と言われている)の筆者は、恋人たちに、秘密の会話をするために暗号を使うことを勧めています。

現代においては、企業や政府に個人の情報を引き渡し、サービスを受ける機会も多くなってきました。

しかし、こうした情報が悪用される可能性も大いにあります。個人情報の管理には、もっと注意する必要があるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Matthias Hoegg, (Twitter), (Instagram)