日本人だけが知らない「プライバシー」3,000年の歴史

プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に比べてプライバシーの意識が曖昧と言われることもあります。

そこで、意外に知らなかったプライバシーの歴史について紹介しているこの動画を見てみましょう。

「プライバシー」の
歴史

そもそも、いつから「プライバシー」という概念ができたのでしょう。そのきっかけは、なんと「煙突」でした。

①「煙突」とプライバシーの登場

かつての人類は、光と暖を求めて、暖炉の周りに集まるしかありませんでした。当然、壁もなく、プライバシーはありません。

しかし画期的な発明が、状況を一変させます。それが「煙突」。これによって壁を使って空間を隔てることができるようになり、他の部屋からは中が見えない、という状態が生まれます

「プライバシー」の誕生です。

②「写真」技術とゴシップ

次に大きな変化を引き起こした技術は「写真」でした。それまで外に出ることがなかった上流階級の密会が、写真に撮られることによって、ゴシップとして世の中に出回るようになったのです。

撮られた側はこれに対抗するために、撮影されない権利を訴えます。「プライバシーの権利」はこうして生まれました。

③「インターネット」の普及

そして現代。皆さんお馴染みのインターネットによって、プライバシーに新たな変化が起きています。しかしその対策は、まだ十分とは言えません。

ハッキングと
コンピュータウイルス

1900年代、まだモールス信号が主流だった頃からハッカーは存在しましたが、最初の本格的なハッキングは1973年。対象となったのは電話回線で、無料で国際電話をかけられるよう、操られてしまいました。

1981年には、アメリカで初めてハッカーが逮捕。これにより、電話回線システムに「穴」があることが世間に知れ渡りました。

1980年代には、黎明期のインターネットをウイルスが襲います。

2000年には「LOVELETTER」と呼ばれるウィルスが大流行しました。名前の通り「このラブレターを読んでね」というメールで、ファイルを開くと感染してしまうというもの。これは世界のコンピュータの10%を感染させたと言われるほどの勢いで拡散し、被害総額は9億ドル(約1,000億円)とも言われています。

そして今や「ギーク」と呼ばれるコンピュータオタクたちは、政府や金融機関に雇われるようになり、サイバー世界で攻撃と防御の両方に明け暮れているのです。

暗号の歴史

では最後に、プライバシーをハッキングから守るための「暗号」の歴史を見ていきましょう。

情報を守ることの重要性は、古代から注目されていました。紀元前1500年には、陶芸家が秘伝の釉薬のレシピを敵に奪われないようにするために、暗号を使っていたという記録が残っています。

暗号が使われていたのは、軍事やビジネスにおいてだけではありません。

紀元前400年頃に出版されたインドの性典「カーマ・スートラ」(現存するものでは最古と言われている)の筆者は、恋人たちに、秘密の会話をするために暗号を使うことを勧めています。

現代においては、企業や政府に個人の情報を引き渡し、サービスを受ける機会も多くなってきました。

しかし、こうした情報が悪用される可能性も大いにあります。個人情報の管理には、もっと注意する必要があるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Matthias Hoegg, (Twitter), (Instagram)
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
2016年2月16日、Appleのホームページに、顧客に向けてこんなメッセージが投稿されました。「米国政府が、顧客の個人情報の安全性を脅かす、前代未聞の要...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
歴史に名を残すバイオリン製作者のアンドレア・アマティやガスパロ・ディ・ベルトロッティと同じく北イタリアで生まれたLeonardo Frigo。彼は、幼い頃...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
最新のテクノロジーを駆使してデザインされたスツール。ユーザーの身長や体重、体型などを考慮して最適なカタチに仕上げたのだとか。
「私がFacebook上で、よく使う言葉は?」最近よく見かけるこのフレーズ、気軽に遊べるクイズアプリとして知っている人も多いはず。ですが、その際に参照され...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...