「タイタニック号乗客名簿」が明らかにした、6人の中国人生還者たち

約3年前、メキシコからアメリカへと国境の柵を越えていく男性を、僕は目の当たりにしました。直後に鳴り響くサイレン。おそらく、彼は捕らえられて国外退去。

リスキーなのは承知のうえで、人生の“大きな賭け”に打って出たのかもしれません。目の前のアメリカンドリームは、するりと手のひらからこぼれていきました。

かの有名なタイタニック号にも、同じ想いを抱いて乗船した6人の中国人がいました。そんな彼らにスポットライトを当てたドキュメンタリー『THE SIX《六人》』の予告編が公開され、話題になっています。

誰も知らない、
タイタニック沈没からの生存者

ディレクターArthur Jonesがドキュメンタリーを制作するきっかけになったのは、ある日、こんな話を耳にしたから。

タイタニック号の生存者には、中国人もいる。

Arthurが育った街にも生還者がいたそうですが、街中のみんなから知られる存在。対して、誰に聞いても中国人のことを知っている人はいなかった、と。

「なぜ、彼らのことを知っている人はいないのか?」や「いったい、彼らは誰なのか?」という疑問が、Arthurを突き動かしました。

Eb1bde261570c36d6daa83bdab8de68f70a3cf8e

こうして、調査を進めていくうちに明らかとなった衝撃の事実。

乗船者リストによるとタイタニック号には、アメリカンドリームを叶えるために8人の中国人が乗っていたそうです。他の記録によると、沈没していくときに5名は救命ボートに乗ることができたそう。乗り遅れた3人のうち1人は、船の破片に乗っているところを救助されたのですが、生き残った約700人の生存者たちが、ニューヨークで暖かく迎えられる中、6人の中国人への対応は異なっていたようです。

その理由は「中国人排斥法」ではないかと、Arthurは推測しているよう。生還者たちは追われるようにして、帰港した翌朝にはアメリカを去っていました。その後の動向は全く分からないようです。つまり、歴史から消えた存在

・どのように乗船したのか?
・なぜ生き残ることができたのか?
・アメリカを離れた後の人生は?
・家族や親戚の人は、なぜ声をあげない?

様々な疑問を解決するべくArthurが撮ったドキュメンタリー『THE SIX《六人》』は、近日公開されるそうです。

Licensed material used with permission by THE SIX《六人》documentary
「何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』の...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
歴史に名を残すバイオリン製作者のアンドレア・アマティやガスパロ・ディ・ベルトロッティと同じく北イタリアで生まれたLeonardo Frigo。彼は、幼い頃...
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。