嘘のような本当の話。海底に沈んだ「タイタニック号」を、この目で見るチャンスが来た!

何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」

そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』のハイライト、ふたりの愛にどれほどの人が涙したことでしょう。

あの伝説の船を実際に拝める、オールドファン垂涎の海底ツアーに、早くも予約殺到!というニュースが飛び込んできました。

潜水艇で巡る
伝説のタイタニック号

海に沈んだタイタニック号

ツアーを企画したのはロンドンのBlue Marble Private社。夢のような海底航海の旅は、全8日間の日程。内容は、潜水艇に乗って、海底に沈んだタイタニック号を見学するというもの。20世紀初頭に建造された豪華客船の迫力を肌で感じることができるだけでなく、歴史的アイコンを肉眼で見るチャンスです。

海に沈んだタイタニック号

どうやら船内にまでは入れないようですが、航行中は赤外線のセンサーを使って、船内の様子を確認することができるようです。

ツアー開始は2018年5月を予定。直近1年間はすでに予約完売というから、反響の大きさは想像以上といったところでしょう。今後の追加ツアー情報は、こまめにチェックしておいたほうが良さそう。もしも空席が見つかったら、その場ですぐに入手すべきプレミアチケット。

ただし、食事代から宿泊代まですべて込みのツアー料金は、驚愕の10万5,000ドル。すなわち、約1,160万円!さすがに「そんな大金払えない」という声が大半でしょうけど。

でも、今見ておくべき理由もちゃんとあるんです。

タイムリミットは、あと20年

海に沈んだタイタニック号を見れるチャンス

100年以上も海底に沈んでいたタイタニック号の船体を海底で維持できるのも、あと20年ほどだという専門家も。こうしている今も、バクテリアによって少しずつ侵食が進んでいるそうです。

よほどのファンで、リピーターになれたとしても、決して同じ状態を見ることはできない。物言わぬ巨大船が、儚いからこその美しさを感じさせてくれるに違いありません。それにしても、高いツアーだな〜。

All photo byOceanGate
Licensed material used with permission by Blue Marble Private
ディレクターArthur Jonesがドキュメンタリーでスポットライトを当てるのは、タイタニック号から生還した6人の中国人。アメリカの歴史から消された彼ら...
オーストラリア・クイーンズランド州沖にあるグレートバリアリーフで今、州とUberの共同サービスが展開されています。潜水艦「scUber」で、世界最大のサン...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
2020年3月、オーストラリアのグループ旅行専門の旅行会社「Intrepid Travel」から「Z世代向けのファミリーサイクリングツアー」がリリースされ...
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
旅行代理店「Kraken Travel」と北朝鮮やチャド共和国などへ行く珍しいツアーを企画する「Lupine Travel」がパートナーシップを組み誕生し...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
テヘランとエスファハーンで行われているフードツアー、「Persian food tours」。市場などをまわったり、料理を作ったり。いつかイランを訪れた日...
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害されたことに対する抗議デモが全米に広がっているなか、「ナイキ」は「#UntilWeAllWin」というハッシ...
湯本見番で開催してきた箱根観光客向けの芸者ショー「Meet Geisha」が、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使って世界初の「芸者とオンライン飲み会」のサー...
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
路上で生活をする人々とすれ違うとき、見てはいけない存在かのように、多くの人が目をそらす。カナダ・モントリオールに住むフォトグラファーMikael Thei...
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
「EYOS Expeditions」が、潜水艇で“人類未開の地”といっても過言ではないマリアナ海溝の最深部「チャレンジャー海淵」へと行くツアーを発表した。
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...