嘘のような本当の話。海底に沈んだ「タイタニック号」を、この目で見るチャンスが来た!

何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」

そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』のハイライト、ふたりの愛にどれほどの人が涙したことでしょう。

あの伝説の船を実際に拝める、オールドファン垂涎の海底ツアーに、早くも予約殺到!というニュースが飛び込んできました。

潜水艇で巡る
伝説のタイタニック号

ツアーを企画したのはロンドンのBlue Marble Private社。夢のような海底航海の旅は、全8日間の日程。内容は、潜水艇に乗って、海底に沈んだタイタニック号を見学するというもの。20世紀初頭に建造された豪華客船の迫力を肌で感じることができるだけでなく、歴史的アイコンを肉眼で見るチャンスです。

どうやら船内にまでは入れないようですが、航行中は赤外線のセンサーを使って、船内の様子を確認することができるようです。

ツアー開始は2018年5月を予定。直近1年間はすでに予約完売というから、反響の大きさは想像以上といったところでしょう。今後の追加ツアー情報は、こまめにチェックしておいたほうが良さそう。もしも空席が見つかったら、その場ですぐに入手すべきプレミアチケット。

ただし、食事代から宿泊代まですべて込みのツアー料金は、驚愕の10万5,000ドル。すなわち、約1,160万円!さすがに「そんな大金払えない」という声が大半でしょうけど。

でも、今見ておくべき理由もちゃんとあるんです。

タイムリミットは、あと20年

100年以上も海底に沈んでいたタイタニック号の船体を海底で維持できるのも、あと20年ほどだという専門家も。こうしている今も、バクテリアによって少しずつ侵食が進んでいるそうです。

よほどのファンで、リピーターになれたとしても、決して同じ状態を見ることはできない。物言わぬ巨大船が、儚いからこその美しさを感じさせてくれるに違いありません。それにしても、高いツアーだな〜。

All photo byOceanGate
Licensed material used with permission by Blue Marble Private
ディレクターArthur Jonesがドキュメンタリーでスポットライトを当てるのは、タイタニック号から生還した6人の中国人。アメリカの歴史から消された彼ら...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
路上で生活をする人々とすれ違うとき、見てはいけない存在かのように、多くの人が目をそらす。カナダ・モントリオールに住むフォトグラファーMikael Thei...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
よく東京ドーム何個とか、たたみ何畳とかの例えをされたところで、イマイチぴんと来ることがない。でも、ここに登場する「比較シリーズ」はひと目でそのサイズ感が伝...