#8 Vaporwave「海外勢」が日本ツアー開始

Vaporwave特集 #8

2010年代に生まれたアンダーグラウンドなインターネットカルチャー、ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。

その希少性を抜きにしても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANTASY」は足を運ぶ価値がある。

シーンを代表するレーベル「Dream Catalogue」や「100%ELECTRONICA」の海外アーティスト3組が、愛知、京都、大阪、神戸、東京をまわる。各地で同じステージに立つ国内アーティストたちにも注目したい。

©NEO GAIA PHANTASY

■NEO GAIA PHANTASY
2010年代ネット上から発生し、ここ数年現実をも巻き込み増殖する音楽概念”Vaporwave”。その世界を代表するアーティストが集結!

■出演
equip(100%ELECTRONICA)
R23X(Dream Catalogue)
death’s dynamic shroud(Dream Catalogue, Orange Milk Records)

※全日程に出演

■日程
11/2(金)岡崎ひかりのラウンジ
11/3(土)京都Cafe La Siesta
11/9(金)大阪pehu
11/10(土)神戸Otohatoba
11/14(水)東京・幡ヶ谷Forestlimit「K/A/T/O MASSACRE
11/16(金)東京・渋谷O-nest「New Masterpiece」

2018/11/10(土)神戸Otohatoba
・Tsudio Studio (Local Visions)
・pool$ide
・UMrooms
・Adiem Ouskyer Reyskuo

2018/11/14(水)幡ヶ谷forestlimit「K/A/T/O MASSACRE
・hakobune
・Dirty Dirt
and more……

2018/11/16(金)渋谷O-nest「New Masterpiece
・さよひめぼう (Business Casual, PLUS100)
・DJ badboi
・kissmenerdygirl(ピンクネオン東京)
・常盤響
・909state
・数の子ミュージックメイト
・DJ消しゴムはんこ
・捨てアカウント VirtualDJSet(Local Visions)
・ΔKTR
<VJ>
・玉田伸太郎
・fm

ツアー最終日、渋谷O-nest「New Masterpiece」には、ヴェイパーウェイヴを特集したZINE『蒸気波要点ガイド』の編集者ΔKTR(アクター)や、アメリカのレーベルBusiness Casualで活躍するさよひめぼう、日本の新興ネットレーベルLocal Visionsの主催者捨てアカウントなどなど、見逃せない国内のアーティストが多数出演する。

初期の実験性やアンビエント色と同時に、フレッシュなサウンドも楽しめるはず。刺激的な体験ができるに違いない。

ネット世代が生んだアングラカルチャー
ヴェイパーウェイヴはもう一度死ぬ!?

ディスプレイの中で見ていたAsthetics(美学)
イヤホンで聞くノスタルジックなエクスペリメンタル音楽
そこからアクセスする「架空の世界」への没入感

ネット空間に落ちていた過去の素材を使って、ほぼネットだけで共有されていたカルチャーが、本格的にリアルな場へと集まる。

サンプリングでなくオリジナルであることを意識するクリエーターは増えた。音楽・映像・グラフィックにその意匠を引き継ぎながらも、ヴェイパーウェイヴと言わずに電子音楽の一種として世に出るものもある。自動翻訳ツールの精度はどんどん高まっていて、このシーン特有のネーミングセンスを「機械翻訳の誤変換みたいな……」と表現することも、もしかしたら2010年代が本当に最後になるかもしれない。

ヴェイパーウェイヴは、古き良き時代の名残みたいな存在でありながらも、そのエッセンスはしっかりと今の時代に自然なかたちで浸透している。過去に死んだと言われたけれど、それは新しく生まれ変わったという意味でもある。その変化の瞬間を、この日は現実で楽しみたい。

© death's dynamic shroud
(Dream Catalogue)
© Equip
(100%ELECTRONICA)
© R23X
(Dream Catalogue, Orange Milk Records)
取材協力 ΔKTR
Top image: © death's dynamic shroud
Licensed material used with permission by Nice Shop Su, New Master Piece
「Vaporwave」をもっと知りたい

関連する記事

都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
アンダーグラウンドで、とらえどころがなくって、だけど、とってもクールなこのムーブメントに、ぼくはもう長いこと夢中になっている。
“Internet Aesthetics(インターネット美学)”という言葉、知ってる?
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
ヴェイパーウェイヴの代表的アーティスト、Vektroidことラモーナ・アンドラ・ザビエルが、ブラジルのメディア「I Hate Flash」に登場。貴重なイ...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
湘南ビーチカルチャーの発信基地として、ファッション、アート、音楽、フードの要素を融合したホテル「8HOTEL」が、湘南に2店舗目となる「8HOTEL CH...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
美術専門誌『美術手帖』が、オリジナルのポッドキャストを「Spotify」で開始した。アートとは何かについて音声コンテンツで届ける。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
スイスの最重要バンドである「YOKKO(ヨッコ)」のジャパンツアーが開催!
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。