#8 Vaporwave「海外勢」が日本ツアー開始

Vaporwave特集 #8

2010年代に生まれたアンダーグラウンドなインターネットカルチャー、ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。

その希少性を抜きにしても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANTASY」は足を運ぶ価値がある。

シーンを代表するレーベル「Dream Catalogue」や「100%ELECTRONICA」の海外アーティスト3組が、愛知、京都、大阪、神戸、東京をまわる。各地で同じステージに立つ国内アーティストたちにも注目したい。

©NEO GAIA PHANTASY

■NEO GAIA PHANTASY
2010年代ネット上から発生し、ここ数年現実をも巻き込み増殖する音楽概念”Vaporwave”。その世界を代表するアーティストが集結!

■出演
equip(100%ELECTRONICA)
R23X(Dream Catalogue)
death’s dynamic shroud(Dream Catalogue, Orange Milk Records)

※全日程に出演

■日程
11/2(金)岡崎ひかりのラウンジ
11/3(土)京都Cafe La Siesta
11/9(金)大阪pehu
11/10(土)神戸Otohatoba
11/14(水)東京・幡ヶ谷Forestlimit「K/A/T/O MASSACRE
11/16(金)東京・渋谷O-nest「New Masterpiece」

2018/11/10(土)神戸Otohatoba
・Tsudio Studio (Local Visions)
・pool$ide
・UMrooms
・Adiem Ouskyer Reyskuo

2018/11/14(水)幡ヶ谷forestlimit「K/A/T/O MASSACRE
・hakobune
・Dirty Dirt
and more……

2018/11/16(金)渋谷O-nest「New Masterpiece
・さよひめぼう (Business Casual, PLUS100)
・DJ badboi
・kissmenerdygirl(ピンクネオン東京)
・常盤響
・909state
・数の子ミュージックメイト
・DJ消しゴムはんこ
・捨てアカウント VirtualDJSet(Local Visions)
・ΔKTR
<VJ>
・玉田伸太郎
・fm

ツアー最終日、渋谷O-nest「New Masterpiece」には、ヴェイパーウェイヴを特集したZINE『蒸気波要点ガイド』の編集者ΔKTR(アクター)や、アメリカのレーベルBusiness Casualで活躍するさよひめぼう、日本の新興ネットレーベルLocal Visionsの主催者捨てアカウントなどなど、見逃せない国内のアーティストが多数出演する。

初期の実験性やアンビエント色と同時に、フレッシュなサウンドも楽しめるはず。刺激的な体験ができるに違いない。

ネット世代が生んだアングラカルチャー
ヴェイパーウェイヴはもう一度死ぬ!?

ディスプレイの中で見ていたAsthetics(美学)
イヤホンで聞くノスタルジックなエクスペリメンタル音楽
そこからアクセスする「架空の世界」への没入感

ネット空間に落ちていた過去の素材を使って、ほぼネットだけで共有されていたカルチャーが、本格的にリアルな場へと集まる。

サンプリングでなくオリジナルであることを意識するクリエーターは増えた。音楽・映像・グラフィックにその意匠を引き継ぎながらも、ヴェイパーウェイヴと言わずに電子音楽の一種として世に出るものもある。自動翻訳ツールの精度はどんどん高まっていて、このシーン特有のネーミングセンスを「機械翻訳の誤変換みたいな……」と表現することも、もしかしたら2010年代が本当に最後になるかもしれない。

ヴェイパーウェイヴは、古き良き時代の名残みたいな存在でありながらも、そのエッセンスはしっかりと今の時代に自然なかたちで浸透している。過去に死んだと言われたけれど、それは新しく生まれ変わったという意味でもある。その変化の瞬間を、この日は現実で楽しみたい。

© death's dynamic shroud
(Dream Catalogue)
© Equip
(100%ELECTRONICA)
© R23X
(Dream Catalogue, Orange Milk Records)
取材協力 ΔKTR
Top image: © death's dynamic shroud
Licensed material used with permission by Nice Shop Su, New Master Piece
「Vaporwave」をもっと知りたい
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
アンダーグラウンドで、とらえどころがなくって、だけど、とってもクールなこのムーブメントに、ぼくはもう長いこと夢中になっている。
“Internet Aesthetics(インターネット美学)”という言葉、知ってる?
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ヴェイパーウェイヴの代表的アーティスト、Vektroidことラモーナ・アンドラ・ザビエルが、ブラジルのメディア「I Hate Flash」に登場。貴重なイ...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
“世界一おもしろいお菓子屋さん”こと「パパブブレ」が、甘党以外の男性などにも楽しんでもらおうと、土佐の「酔鯨酒造」の協力のもと酒のつまみになるキャンディー...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
「Boston Dynamics」社が製作する四足歩行ロボットの「Spot」が、シンガポールの公園をパトロール中。国の公園局と連携して無人パトロールを実験...
ドライブインシアターを日本全国で開催する「Drive in Theater Japan Tour」の第一回が、6月13日(土)に「東京サマーランド」の駐車...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
スイスの最重要バンドである「YOKKO(ヨッコ)」のジャパンツアーが開催!
情報格差をなくすように活動しているスタートアップ「OneWeb」が人工衛星を打ち上げました。世界中の子どもたちがお互いにコミュニケーションを取れる日がくる...
2012年に急逝したアメリカの国民的歌手、ホイットニー・ヒューストン。そんな彼女がデジタルで蘇る“ホログラムツアー”が今月より開始。彼女のホログラムに加え...