ガチ勢のための水鉄砲

子どもの頃、誰もが遊んだことがあるだろう水鉄砲。大人になった今、久しく触れていない人が多いのでは?最近では、電動式や消化器型、傘付きのものまであるようですが、コレも気になります。

「Spyra One」は、7.5mという射程距離を誇る逸品。ターゲットに到達する前に水を散らすことなくヒットさせることができます。25回打てる量の水が入り、底がつきたら約14秒でリフィルすることが可能。

しかも、デジタルディスプレイ付き。バッテリーの残量や残りのショット数が表示されるから、サバゲー的にガチプレイするのにもってこい!

Top image: © 2018 Spyra GmbH
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
多くのプールや海水浴場の使用が制限されている今夏でも、夏を満喫できるおすすめのオモチャ「ウォーターガンブレラ」。攻撃も防御もできて、2メートルのソーシャル...
これから紹介するのは、「紳士」と「イルカ」の大決戦。バハマへのクルーズ中に出会ったことをきっかけに、世紀の“水鉄砲対決”が始まったようです。やるかやられる...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」でiPhoneを使ったセルフィー&スナップを実施。「最近ハマっていることは?」や「地球最後の日、何をする?」といったアンケ...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
7月末、大雨でスウェーデンのウプサラ中央駅が浸水。ショックを受けるどころか、なんとその状況を楽しでしまった地元の人々。その光景は瞬く間にネット上で拡散され...
映像、デザイン、写真、ワークショップなど、さまざまな手法でモノ・コトを生み出すクリエイター集団「DRAWING AND MANUAL」。その代表である菱川...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
夏休み最後にオススメのイベント、ファッションデザイナー・コシノジュンコ氏プロデュースによる「浜離宮大江戸文化芸術祭 2019」が、東京・浜離宮恩...
航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
10月30日、「日清食品」はグループのオンラインストアにて、カップヌードルの専用フォークとそのシリーズの商品をセットにした「カップヌードル THE FOR...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...
米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、人気の映画シリーズ「Jurassic World」をテーマにしたランイベントの開催を発表。今年7月にリニューアルオ...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。