夏の冷やしグルメ「飲む茶碗蒸し」が「日本橋だし場」で限定発売!

ストローで飲めて、飲み歩くにも丁度良い、ひんやりなめらかな新触感飲料としての茶碗蒸しが誕生した。その名も「飲む茶碗蒸し」

これは、「だし」をより多くの人に気軽に楽しんでほしいという「季旬 鈴なり」店主 村田明彦氏の想いを発端に、だしを知る・味わう・楽しむ場として話題の「にんべん」「日本橋だし場」とのコラボレーションによって実現した、夏季限定グルメだ。

一般的にスプーンで食べる茶碗蒸しをストローで飲むという新しい形に作り変えるにあたっては、卵とだしの割合をいちから見直したという。ストローで飲みやすいだけでなく、だしとの相性がいい「クリスマス島の塩」で味付けをし、卵と本枯鰹節だしが引き立つ配合、そして滑らかな食感にもこだわっているとか。

ドリンクのように手軽に持ち歩くことができる「新しい茶碗蒸し」は、「にんべん 日本橋本店」内の「日本橋だし場」にて、8月末までテイクアウト限定発売予定。

タピオカドリンクの次なる人気者は、まさかの……!?

©2020 株式会社にんべん

株式会社にんべん/日本橋だし場』

【公式ホームページ】
https://www.ninben.co.jp/honten/dashiba/

Top image: © 2020 株式会社にんべん
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今回は原宿にある「ONE(だしまきドッグ専門店)」。土日限定!キッチンカー販売のレアな「だし巻きドック」を食べてきたで!ミレニアルズに人気のうどん屋さん「...
「プリングルズ」の自販機に、7月27日より、自販機限定商品「関東だし醤油ラーメン味」が登場。
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
9月12日、都内にて、創業150年のだし専門店「マルハチ村松」から発売された『やいづ善八やきつべのだし』のプロモーションイベントの一環として「だし勉強会」...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
食欲がなくても冷やし麺。けれど毎度定番の味では、やっぱり飽きてしまいます。そこでアレンジ一つでマンネリを脱却するアイデアのご紹介。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...