社会人になる前に「大学4年の夏休み」で経験しておくべき9つのこと

大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休みはかけがえのないものです。そんな最後の夏休みに何をすれば良いのか、「Elite Daily」でさんが教えてくれています。

あなたは、4月からの生活で卒業証書を胸に社会人になります。その生活の中で、奨学金を返済し、あなたの夢を叶え、今よりも居心地のいい広い部屋に住むことでしょう。

今は、大学時代にお別れを告げるなんて想像できないかもしれません。でも、卒業後の生活には、様々な冒険や無限の可能性が広がっています。

ただ、社会人になるまでには、まだ少し時間があります。とくに夏休みは、自由に時間を使える最高のタイミングです。

01.
今までの友人を思い出す

E8c1a25bd9f16f29fb763332298758c15e9b1b01

大学を卒業したら、みんなそれぞれの道へ進んでいきます。今はまだ想像できないかもしれませんが、社会人になると友人たちと連絡を取り合うのが難しくなってしまいます。幸いにも、夏休みは周りの友人も夏休みです。

2、3年連絡を取っていなかったような、元カノや元カレに久しぶりに連絡を取ってみるのも良いかもしれません。ブランチに出かけたり、街を歩いたり、思い出の学校を尋ねてみるのも良いかもしれません。思い出を振り返って、みんなで笑い合うのも悪いものではないですよ。

02.
インターンに
参加してみる

夏休みは大学の授業がなく、自分の思うように時間が使えます。もし、奨学金を借りているならば、その時間は奨学金の上に成り立った自由な時間でもあります。

しかし、その期間にインターンに参加することで将来の自分を助けることになります。さらに自分の興味に合う内容なら、未来のライバルに差をつけることだってできるかもしれません。

また、インターン先で出会う上司からたくさんのことを学べるのもメリットのひとつです。

03.
新しいファッションに
挑戦してみる

この夏休みを使って、新しいファッションに挑戦してみてはいかがでしょうか? これまでInstagramに「いいね」を押した投稿を、振り返るのも面白いですよ。

新しいファッションを試すことで、自分でも気づかなかった「新しい自分」に出会えるかもしれません。それが、自信に繋がることだって十分にありえます。

04.
ひとり旅に出てみる

Ce492036ad591c712e3f3c22709210c84784e85c

旅行は、異なる文化に触れ、自分の価値観を広げるいい方法です。しかし、それは同時にお金もかかり、新しい環境そのものがストレスになることもあります。

しかし、今は格安航空などが充実しています。さらに、休みを調整できる学生なら価格を抑えやすいパッケージもたくさんあります。準備さえメンドくさがらなければ、今年の夏は自分で企画した旅行を楽しめるはず。

05.
家族と一緒に
何か特別なことをする

家族は、かけがえのない存在です。

もしあなたが、何年か前からひとり暮らしをして自立していたとしても、家族は、あなたの人生にとって欠かすことのできない一部だということを忘れないでください。

06.
心ゆくまで寝てみる

大学の講義や、アルバイト、飲み会に就職活動。今、あなたはとても忙しい日々を送っているかもしれません。

だからこそ、この夏休みは心ゆくまで睡眠を楽しんでください。お昼過ぎまで家のベッドで寝るのもいいですし、外に出て公園でゆっくり眠りに落ちてもいいかもしれません。

07.
自分が本当に幸せに
感じることをする

14439a9dee649c017aad7c1d3252e577e525160e

あなたは、どんなときに幸せを感じますか?

部屋で映画を見ている時間が幸せな人もいれば、ビーチで太陽を浴びるのが幸せな人もいるでしょう。自分にとって何が幸せなのかを、今一度考えてみましょう。

08.
新しい人と出会いにいく

キャンパスにいる間は、周りにたくさんの交友の場があります。でも夏休みは、家に引きこもりすぎて誰にも会わずコミュニケーション能力が低下してしまったら笑えません。機会を逃さず、新しい人に会いにいってみてください。

意外なところに、人生を変えるような出会いがあるかもしれません。夏のインターンで知り合った人や飲み会で知り合った人たちと、色々な思い出を作ってください。もし、後期が始まってその人たちと連絡を取り合わなくなったとしても、それもまたいい思い出です。

09.
できるだけ
「自発的」に行動

Bb2bbf237c7ba2a9828f9ede3fbb9e2d40e149e2

赴くままに行動を起こしてみるのもいいかもしれません。行きたいところに行き、会いたい人に会ってみましょう。スカイダイビング? それもひとつですよね。

以上、9つのことを心がけて、最後の夏休みを思い切り楽しんでみてください。秋に学校に戻ったとき、みんなに伝えたい面白い話がありますように!

Licensed material used with permission by Elite Daily
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
社会に飛び出して、自信をつけた人もいるでしょう。逆に、周りから差をつけられて焦っている人もいるでしょう。30代に向けてのステップアップでもある20代…。「...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
著者はインターンシップの事業を立ち上げ、メディアでは日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている秋元祥治さん。50もあるメッセージの中から、「たしか...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
辛い経験は人を成長させてくれます。人との付き合い方、生活のスタイル…人生に対する考え方がガラリと変わったりします。より良い自分になるには、挫折や失敗を経験...
社会に出て、自分の力でいろいろなことを掴み取っていかなければならない20代。でも、不慣れなことの連続で、つまずきやすいのも20代。そんな、過酷な世界で前へ...
大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ...
多くの人にとって「結婚」は、人生最大の出来事のひとつだと言えるかもしれません。人生にはさまざまな節目がありますが、結婚までの時間も本当にかけがえのないもの...
旅には、人生が凝縮されています。
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...