20代で絶対的に人生を変える、たった1つのこと。

昔から『名言集』が好きで、読書と言えば名言と触れ合っていた。心に刺さった言葉は、いつでも大事な場面で心の中心にいてくれるから、好きだ。

「何かを変えたい」と猛烈に思う時、私の中で蘇ってくるのはこの言葉。

人間が変わる方法は3つしかない。

1. 時間配分を変える
2. 住む場所を変える
3. 付き合う人を変える

この要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは、「決意を新たにする」こと。

元マッキンゼー日本支社・社長の大前研一さんの教え。

Elite Daily」のCaitlin Drownさんが今回綴るのは、2.の住む場所を変えることによるメリット。でもこれって、人生を変えたいと思う時に、もっとも手っ取り早い方法だと思う。環境を変えれば必然的に、1と3も現状維持が出来なくなるから。

5959042509832192

大学を卒業する4日前にもらった、5,000マイルも離れたワシントンから仕事のオファー。

中学3年生以来訪れたことのない土地からのオファーにワクワクしながらも、家から遠く離れた場所に越すことに対する緊張も同時に感じていた。

生まれ育った海辺の街から、ボストンに引っ越したのも大きな生活の変化。でもボストンに毎年一回は行っていたせいか、馴染むのにもそこまで苦労しなかった。そんな私の生活に振りかかってきた、遠いワシントンからの仕事。

そうして始まった新生活は、いいときも悪いときもあったけど、20代のうちに新たな地を模索しておくのは、絶対にいい経験だと確信することになった。

01.
『心の筋トレ』になる

オファーを受けてから、48時間以内にやるかやらないかって答えが求められた。2日って聞くと「ちょうどいい」なんて思うかもしれないけど、私にとってはとってもストレスだった。

仕事を気に入らなかったら?街に馴染めなかったら?一緒にお気に入りのドラマを見てくれる友だちができなかったら?

浮かび上がるのはハテナばかりで、地元で仕事が見つかるまでもう少し待ってもいいんじゃないか、なんて安定を欲していたのもたしか。だから私は友だちや家族、それから同僚にアドバイスを求めた。返ってきたほとんどの返事は、こんな具合い。

「自分が正しいって思うことをすればいいと思うけど、すごくいいチャンスだと思うよ」

私の友達は、過去に引き受けなかった仕事、移住しなかったことへの後悔も打ち明けてくれた。

そうやっていろいろと考えを巡らせているうちに、「この機会を引き受けるほかないのでは?」と思うようになっていた。やりたいことにもピタリと当てはまっていたし、いまこの機会を逃したら一生「あのときあのオファーを受けていれば…」と思い続けるのは嫌だった。だから私はオファーを受け、荷物をまとめて、新たな冒険へ。

02.
新たな仲間にたくさん出会える

5302189538934784

まったく知らない土地に引っ越して最初に気づいたのは、今までの私の友だちは9割方学校で出会った人だったということ。

ある程度"大人"になってからの出会いの場と言えば、職場や、社会人サークルのようなもの。

仕事上での付き合いならともかく、まったく知らない状態の人たちと1から友情を築くなんて、思えば最近は全然していないチャレンジ。昔よりもハードルが高く感じてしまうし、最初は上手くいかないかもしれない。

ランチをひとりで食べないといけなかったり(最初の1ヶ月はこの状態が続くかも)、いつしか人よりもNetflixと過ごす時間のほうが長くなっていたり、その寂しさをワインとアイスクリームで埋めるようになったり(Ben & Jerry'sを友だちって呼んだっていいでしょう!?)…。

ひとつアドバイスをあげられるとすれば、何事にも「イエス」と言うこと。

仕事終わりの飲み会に参加しない理由なんて、考えようと思えばいくらでも思いつくけど、それに何か意味がある?

ジムに行くわけでもないし、やることと言ったらジャンクフードを食べながらベッドに横たわって、インスタグラムをひたすらスクロールするだけでしょう?

孤独にメソメソして寂しさに浸っていたら、いつまで経っても友達なんて出来ない。だったら外に出て、いろんな人に会いに行ったほうが、一足早く居場所が見つかるはず。

03.
自立心をもった大人になれる

初めてワシントンで借りた場所は、閑静な住宅街にある一階のワンルームだった。一人暮らしは初めてだったから、もちろんたくさんのハプニングの連続。

たとえば竜巻警報があったとき。当時23歳だった私は、バイクのヘルメットをかぶり、ある枕をすべて押し込んだウォークインクローゼットに急いで隠れた(マサチューセッツには竜巻なんてなかったの)。

そういえばムカデが壁を這っていて、殺そうとした途端逃げられたこともあったっけ。コイツを殺せるまで、恐怖の1週間といったら...。

でも、そうやっていろんな壁を乗り越えることで、自立心が身についたと思う。気づいたら親に「寂しい」って毎晩電話しなくても平気になっていたし、ちょっとイラつくことがあってもすぐに彼氏に報告しなくなった。

もし実家の近くで住むことを決めていたら、このような自立心は身についていなかったかもしれない。

04.
自分の人生を、
自分で切り開く力がつく

4572041608953856

簡単な選択肢を選んでいくことなら、誰にでもできる。

好きでも嫌いでもない仕事をずっと続けて、ひとりになるのが怖いことを理由に選んだパートナーと時間を過ごして、リスクや冒険にノーと言い続けるとか。

でも、率先的に自分の運命を変えていくことだってできる。私は後者を勧めたい。

新しい街・県・国に住むことに、困難はつきもの。孤独を感じることもあれば、迷子になることもあるだろうし、地元の楽しいイベントを逃すことにため息をつく日もあるかもしれない。

でもネガティブにとらわれず、引っ越した理由を自分に言い聞かせて、自力で自分の人生を最高にしていくのが大切だって思うから。

失敗から学びを得て、成長していくこと。「すべては経験」と思って、何事も自分探しのヒント、あるいは前へ進む糧と捉えていけば、きっと悔やむことなんてないはず。私も新たな都市に越すことで、地元に残っていたら触れることのなかった新しい観点を身につけることができたと思ってる。

長い年月を経て、私はボストンに戻ってきた。DCでの時間はとても楽しかったけど、そろそろトム・ブレーディを一緒に崇拝できる仲間の元に帰って来たかったの。"Wicked"という言葉が伝わる地に。

家から飛び出した私は、新たな角度から、前よりもっと地元を愛せるようになっていた。

Licensed material used with permission byElite Daily

【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
たまには「脱線」してみたら?
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
ある意味、親友って人生において1番大事な存在。特に20代で親友と呼べる関係は、一生続いていくものだったりします。そんな相手ともっとデイープな関係になるのは...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
将来への焦りや不安に、足がすくんでしまうことも多い20代。先が見えないからこそ立ち止まりそうになるけれど、挑戦することでしか何も見えてこないものです。大丈...
社会に飛び出して、自信をつけた人もいるでしょう。逆に、周りから差をつけられて焦っている人もいるでしょう。30代に向けてのステップアップでもある20代…。「...
10代や30代とはもちろん違う20代。けれど20代前半は、後半ともまたどこか違うと思うんです。だからこそ、25歳になるまでにやっておきたいことが書かれた記...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
10代の頃、親の話をきちんと聞かなかった経験は誰にでもあると思います。夢見がちで、両親の話が退屈に聞こえていたのかもしれません。でも20代になって人生経験...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
カフェで繰り広げられるガールズトーク、地元の友達と久々に会えば年収の話。正直言って子どもの頃は、自分がこんな代わり映えしない毎日を生きているなんて、思って...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
若くてエネルギッシュな20代。勢いにまかせて、ときには理性を失った決断をして取り返しのつかない失敗をすることも…。もちろん「失敗を糧にする」ことは大事です...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...