パッとしない20代を変える「5つのアクション」

大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ出したくなったり。

かくいう私も、その道真っ只中な社会人1年生。「どうにもうまくいかないな…」なんて悩みを抱えている、同じ20代にこそヒントをくれる記事を「Elite Daily」よりご紹介します。

20代には、どうにもうまくいかないと感じる時がある。みんな通る道だし、なかなか終わらないんだよね。「何かが足りない」と感じているのに、それが何かはわからないまま。

恋愛も仕事も、友人関係でさえ、ワクワクすることがあまりない。同世代で活躍している人の人生と比べて、どこかに逃げ出したいのに、何から手を付けていいのかもわからない。

そんな悩みは20代の特権でもあるけれど、出来るだけ早く抜け出したいなら、この5つのことを実践してみて!

01.
自分の好きなものは何か、もう一度整理する

さあ、紙とペンを広げてみて。昔の写真なんかを、久しぶりに広げてみるのもいいかも。まず何よりも大切なのは、自分自身を知ること。

バリバリ働いて、キャリアを積んでいきたいのか、ゆったりとマイペースに働きたいのか?好きなスタイルや仕事は、どこで実現することができるのか?一番住みたいと思う場所を見つけて。

好きなものを明らかにすることによって、あなたをマイナスの環境に連れて行こうとする人や、負の影響力を持つ人が誰なのかわかりやすくなる。環境をまるっと変えて、転職の道を選ぶことになったり、付き合う人たちが変わることになるかもしれない。けれど、意志を持たずに誰かの言いなりになって、足跡を追いかけるだけの人生を選ぶにはまだ早すぎる。内なる自分をよく知って、歩む道をつくっていく自信を持つことが大事。

02.
人生のチェックリストをつくる

人生を「恋愛」「仕事」「家族」のようにカテゴリー分けして、満足しているのは何か?気を重くする原因は何か?を洗い出してまとめる。それを、日々こまめにチェックするの。先週はクリアしていたものが、今週はしていなかったりして、あなたの内面は、気づくよりも早く日々変化している。だから置いていかれないように、把握すること。

散らかったものをまとめる日を、きちんと決めておこう。そうすれば、人生がもっと簡単になるはず。部屋を掃除したいのなら、必要のない洋服をすべて捨てれば、日々のルーティーンから、「ごちゃごちゃ」をなくしてすっきりした気分になるでしょ?

03.
迷ったら「挑戦」する

自分をよく見ようともせず、信じて愛することができないなら「良いコト」だって見逃してしまう。積極的に行動しなければ、誰も興味を持ってくれない。

自分を信じられずに、隅っこに隠れている人のことを、だれが信じてくれるの?

ポジティブな行動をとれば、たくさんの人の目に止まる。そうして生きていれば、自然と機会はやってくるもの。

04.
フットワークは軽くしておく

友達や同僚と、今よりもっと飲みに行くことだったり、ポールダンスのレッスンに参加することだったり、どうであれ「楽しむ」ことは、思っている以上にプラスの力に変わる。

超忙しいかもしれないけど、ないがしろにしないで。いろんな人と出会って、いろんな場所に足を運ぶことで、世界は広がっていくのだから。毎日仕事が終わったら直帰して、Netflixなんかに時間を費やす癖をつけないこと。

05.
ひとりで海外に出てみる

もちろん友達との旅行って楽しいし、一生の思い出になる。でも今まで行ったことのない場所へ行って、ひとりでその世界にどっぷりつかってみるのは大切で、とてもやりがいがある。

これも自分を知って、世界に打ち出したいと思う「自分の強み」を見定めるためのステップ。だらだらした日常で、全てを投げ出したいと感じた時には、こんな選択もあることを思い出して。このうっとうしい期間は、ただの1コマ。

心から望む選択をできれば、状況はいつだって変えられるし、自分から変えようとしなければ、何も変わらない。永遠にね。

Licensed material used with permission by Elite Daily