シラフの時間を増やすと、人生はこんなに充実する(5つの理由)

お酒好きにとって「断つ」というのは、ドクターストップでもかからない限り、なかなか難しいのではと思います。社会人になる前は付き合いで飲みに行くとか「面倒くさそうだな」と思っていたのが本音ですが、今では、お酒はコミュニケーションツールにもなるのだと実感しています。

しかしそれは、上手く付き合えればの話かもしれません。「Elite Daily」のライターAbbey Finchさんは、青春時代にお酒に溺れてしまい、断酒を決意した過去があります。彼女が、完全に飲まない生活をした20代の経験から学んだことを紹介します。

01.
「やなことあった。飲み行こ!」
の代替案はたくさんある

C14c497f0be2e32bb2ef176e7ec45e884ff98d31

人生で起こる金銭や人間関係のトラブル。ストレスが溜まっていくけれど、どんな局面にもきちんと向き合う方法を覚える必要があったの。お酒を飲まなくても、運動をしたり、体に良いものを食べたり、信頼できる相手に相談したり。

セラピーだって、素晴らしいこと。ボランティアに参加するのも良いわ。自分のマイナス面にばかりこだわっていないで、周りの人が抱えている問題解決の手伝いに集中できるから。

02.
恋愛について
「正しい判断」ができる

頭がスッキリしていると、今自分がどんな状況にいるかがよくわかる。最悪な恋愛関係の場合もそう。酔いに任せて関係を始めると、6カ月後に相手のことを好きでもなんでもないと気づいてしまうことも…。

お酒に身を任せなくなってからは、2~3回デートして相手の反応をみて、もしお互いがそれ以上興味なさそうなら、すぐに次へと進むの。勢いに任せず考えて行動することができるわ。

03. 
友達と過ごす時間が
濃厚になる

9bd21997a3c8281364be88851f94fe060735db28

本当の友達と、飲み仲間には大きな違いがあるの。お酒を飲んでいない私は、自分の時間を誰と一緒に過ごすのか、慎重に選ばなければいけなくなった。友達というのは、一緒にいて楽しいだけじゃなく、同じような目的を持って行動をして、自分にとってプラスの影響になる人のこと。

確かに、お酒を飲まないと話せない事って、よく考えてみるとそんなにないのかもしれない。

04.
「10年後、実になっている」
生産性ある日々を送れる

二日酔いがなくなったら、時間がたくさんできた。エネルギーが湧いてきて、もっとやりがいのある事に向けて努力し、仕事で目標を達成するために力を使うようになったの。

仕事でも昇進し、会社を始め、修士号を取り終えるまであと少し。本の執筆や、憧れのジャーナリストとしてのキャリアなど、とても大きなプロジェクトにも挑戦している。

「とりあえずの楽しみ」を諦めることで、ずっと続く幸せを手に入れることができると学んだわ。結果、クラブやパブのはしごができなかったりしたけど、10年後にはそんなこと気にもならないはず。

05.
感情を無視せず
しっかり向き合うようになる

3e16cb85a143c04648fed6afa0600cc514693b94

恋愛にとどまらず、人間関係に疲れ果てた時、いつそれを終わらせて次へ進むべきか、見抜けるようになったわ。仕事で解決できないことに直面したら新しい職場を探す。恋愛関係でマンネリに陥ったら前へ進む。

シラフでいることで、何か上手くいっていない時というのを、敏感に感じ取れるようになった。

そして、お酒で自分の感情を曖昧にするような事はしないから、ストレスの原因になる人や状況を捨てるきっかけになるの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
たまには「脱線」してみたら?
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
20代ほど人生設計に悩み、多くのアドバイスが必要なときはないかもしれません。まだ大人になりきれずに悩み、落ち込むこともありますが、信頼できる友だちがいれば...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...