シラフの時間を増やすと、人生はこんなに充実する(5つの理由)

お酒好きにとって「断つ」というのは、ドクターストップでもかからない限り、なかなか難しいのではと思います。社会人になる前は付き合いで飲みに行くとか「面倒くさそうだな」と思っていたのが本音ですが、今では、お酒はコミュニケーションツールにもなるのだと実感しています。

しかしそれは、上手く付き合えればの話かもしれません。「Elite Daily」のライターAbbey Finchさんは、青春時代にお酒に溺れてしまい、断酒を決意した過去があります。彼女が、完全に飲まない生活をした20代の経験から学んだことを紹介します。

01.
「やなことあった。飲み行こ!」
の代替案はたくさんある

人生で起こる金銭や人間関係のトラブル。ストレスが溜まっていくけれど、どんな局面にもきちんと向き合う方法を覚える必要があったの。お酒を飲まなくても、運動をしたり、体に良いものを食べたり、信頼できる相手に相談したり。

セラピーだって、素晴らしいこと。ボランティアに参加するのも良いわ。自分のマイナス面にばかりこだわっていないで、周りの人が抱えている問題解決の手伝いに集中できるから。

02.
恋愛について
「正しい判断」ができる

頭がスッキリしていると、今自分がどんな状況にいるかがよくわかる。最悪な恋愛関係の場合もそう。酔いに任せて関係を始めると、6カ月後に相手のことを好きでもなんでもないと気づいてしまうことも…。

お酒に身を任せなくなってからは、2~3回デートして相手の反応をみて、もしお互いがそれ以上興味なさそうなら、すぐに次へと進むの。勢いに任せず考えて行動することができるわ。

03. 
友達と過ごす時間が
濃厚になる

本当の友達と、飲み仲間には大きな違いがあるの。お酒を飲んでいない私は、自分の時間を誰と一緒に過ごすのか、慎重に選ばなければいけなくなった。友達というのは、一緒にいて楽しいだけじゃなく、同じような目的を持って行動をして、自分にとってプラスの影響になる人のこと。

確かに、お酒を飲まないと話せない事って、よく考えてみるとそんなにないのかもしれない。

04.
「10年後、実になっている」
生産性ある日々を送れる

二日酔いがなくなったら、時間がたくさんできた。エネルギーが湧いてきて、もっとやりがいのある事に向けて努力し、仕事で目標を達成するために力を使うようになったの。

仕事でも昇進し、会社を始め、修士号を取り終えるまであと少し。本の執筆や、憧れのジャーナリストとしてのキャリアなど、とても大きなプロジェクトにも挑戦している。

「とりあえずの楽しみ」を諦めることで、ずっと続く幸せを手に入れることができると学んだわ。結果、クラブやパブのはしごができなかったりしたけど、10年後にはそんなこと気にもならないはず。

05.
感情を無視せず
しっかり向き合うようになる

恋愛にとどまらず、人間関係に疲れ果てた時、いつそれを終わらせて次へ進むべきか、見抜けるようになったわ。仕事で解決できないことに直面したら新しい職場を探す。恋愛関係でマンネリに陥ったら前へ進む。

シラフでいることで、何か上手くいっていない時というのを、敏感に感じ取れるようになった。

そして、お酒で自分の感情を曖昧にするような事はしないから、ストレスの原因になる人や状況を捨てるきっかけになるの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
普段の家飲みの締めくくりに最適なポートワイン。“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、抜きに出たコクを感じられる「テイラー...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
たまには「脱線」してみたら?
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
「GREEN FUNDING」にて販売中のタンブラー付きボトル「Firelight Flask(ファイアーライトフラスク)」は、お酒の味にこだわるだけでな...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。