シラフの時間を増やすと、人生はこんなに充実する(5つの理由)

お酒好きにとって「断つ」というのは、ドクターストップでもかからない限り、なかなか難しいのではと思います。社会人になる前は付き合いで飲みに行くとか「面倒くさそうだな」と思っていたのが本音ですが、今では、お酒はコミュニケーションツールにもなるのだと実感しています。

しかしそれは、上手く付き合えればの話かもしれません。「Elite Daily」のライターAbbey Finchさんは、青春時代にお酒に溺れてしまい、断酒を決意した過去があります。彼女が、完全に飲まない生活をした20代の経験から学んだことを紹介します。

01.
「やなことあった。飲み行こ!」
の代替案はたくさんある

C14c497f0be2e32bb2ef176e7ec45e884ff98d31

人生で起こる金銭や人間関係のトラブル。ストレスが溜まっていくけれど、どんな局面にもきちんと向き合う方法を覚える必要があったの。お酒を飲まなくても、運動をしたり、体に良いものを食べたり、信頼できる相手に相談したり。

セラピーだって、素晴らしいこと。ボランティアに参加するのも良いわ。自分のマイナス面にばかりこだわっていないで、周りの人が抱えている問題解決の手伝いに集中できるから。

02.
恋愛について
「正しい判断」ができる

頭がスッキリしていると、今自分がどんな状況にいるかがよくわかる。最悪な恋愛関係の場合もそう。酔いに任せて関係を始めると、6カ月後に相手のことを好きでもなんでもないと気づいてしまうことも…。

お酒に身を任せなくなってからは、2~3回デートして相手の反応をみて、もしお互いがそれ以上興味なさそうなら、すぐに次へと進むの。勢いに任せず考えて行動することができるわ。

03. 
友達と過ごす時間が
濃厚になる

9bd21997a3c8281364be88851f94fe060735db28

本当の友達と、飲み仲間には大きな違いがあるの。お酒を飲んでいない私は、自分の時間を誰と一緒に過ごすのか、慎重に選ばなければいけなくなった。友達というのは、一緒にいて楽しいだけじゃなく、同じような目的を持って行動をして、自分にとってプラスの影響になる人のこと。

確かに、お酒を飲まないと話せない事って、よく考えてみるとそんなにないのかもしれない。

04.
「10年後、実になっている」
生産性ある日々を送れる

二日酔いがなくなったら、時間がたくさんできた。エネルギーが湧いてきて、もっとやりがいのある事に向けて努力し、仕事で目標を達成するために力を使うようになったの。

仕事でも昇進し、会社を始め、修士号を取り終えるまであと少し。本の執筆や、憧れのジャーナリストとしてのキャリアなど、とても大きなプロジェクトにも挑戦している。

「とりあえずの楽しみ」を諦めることで、ずっと続く幸せを手に入れることができると学んだわ。結果、クラブやパブのはしごができなかったりしたけど、10年後にはそんなこと気にもならないはず。

05.
感情を無視せず
しっかり向き合うようになる

3e16cb85a143c04648fed6afa0600cc514693b94

恋愛にとどまらず、人間関係に疲れ果てた時、いつそれを終わらせて次へ進むべきか、見抜けるようになったわ。仕事で解決できないことに直面したら新しい職場を探す。恋愛関係でマンネリに陥ったら前へ進む。

シラフでいることで、何か上手くいっていない時というのを、敏感に感じ取れるようになった。

そして、お酒で自分の感情を曖昧にするような事はしないから、ストレスの原因になる人や状況を捨てるきっかけになるの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
大学を卒業、初めて就活をして、初めて社会に出る20代には、悩みや不安が常につきまとっている。解決しても、すぐ次の悩みが押し寄せてきて、うまくいかなくて逃げ...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代ほど人生設計に悩み、多くのアドバイスが必要なときはないかもしれません。まだ大人になりきれずに悩み、落ち込むこともありますが、信頼できる友だちがいれば...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
沖縄県、那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、75...
お酒はときに人生の歯車をおかしくさせますが、楽しむ程度であれば、大好きな恋人ともっと仲良くなれる最高のスパイスになります。「Elite Daily」の女性...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
当たり前のように習慣化していたことを、急にしなくなる。反対に、まったく意識していなかったことに、関心を持ち始める。これらは、あなたが「人生を変化させたい」...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
私の恋愛関係のほとんどは、フラフラで千鳥足になった「お酒の場」で作られているの。本当に若いころからクラブ通いばかりで…。私が誰かと付き合い始めたのは、お酒...
酔うと人格が変わるのは嘘だった?という研究結果を以前も紹介したことがあるけれど、実際にお酒を飲ませてみると、普段どれだけ猫を被っているのかを明らかにしたの...