「妥協」がクセになっている人生から抜け出す、5つのアドバイス

「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても、他人と摩擦が起き、傷つくのを恐れて妥協してしまうものなのです。そして、人生は短いということも肝に銘じなければいけません。精一杯生きなければ」。

米メディア「Elite Daily」の女性ライター、Kristen・Bousquetさんの言葉です。ここでは、彼女が自身の経験から感じた「20代に送るアドバイス」を5つご紹介します。

01.
「助けてほしい」とき
思い浮かべた友人は?

ヒマなときだけ声をかけてくる人や、自分が困ったときに助けを求めてくる人、自分の保身のためにあなたを非難する人。はっきり言って、そんな友人はこの先の人生においても必要ありません。おそらく、学校を卒業したら会うこともないでしょう。

あなたは、助けがほしいとき、誰の顔を思い浮かべますか?いま頭に浮かんだその人こそ、あなたの人生に必要な人です。

02.
尻込みせず
新しい環境に身を置く

先のことを考えると、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

そんなときは気持ちを切り替えて、新しい環境に身を置いてみましょう。きっといまより大きなゴールが見えるようになるでしょう。

私は学生の頃、ニューヨークの出版社で働くことを夢見ていましたが、いざオファーが来てみると、ボストンでの暮らしを捨ててニューヨークの街へ飛び込むことに尻込みしてしまいました。でも、いまでは思い切ってニューヨークに来て良かったと思っています。結果的にボストンでは決して得られない経験や機会を得られました。

こんな時こそ「妥協しない」というモットーが生きてくるのです。目標へ一歩一歩進むことが、あなたを最終ゴールまで到達させる原動力となってくれます。

03.
つらい恋愛を
我慢しつづける必要はない

恋愛を人生のストレスにはしたくないものです。

男性からひどい目に遭わされた友人をたくさん見てきました。私自身も傷ついた思い出がたくさんあります。

責めるわけではありませんが、私たち女性は時に自分が傷付けられるような状況を受け入てしまうことがあります。

だからと言って、自分を女王様のように扱ってくれる人を探せとは言いません。魅力的な男性を見つけるために、くだらない男性をできるだけ無視しましょう。

「この人とは残りの人生を過ごしたくない」と思うのならば、無理に一緒にいつづける必要はないのです。ただそこにいるのが心地いいからと、意味の無い関係を続けるのは20代でやめましょう。

04.
仕事選びに妥協してはダメ

仕事の不満や愚痴は絶えることがありません。キャリアのために働くのではなく、毎日笑ってポジティブに仕事をしたいものです。 

イヤな仕事だけど責任があるから辞められない、というのは現実から逃げているだけ。自分の天職を見つけるには、多くの仕事を経験しなければなりません。何年もかかるかもしれませんが、ちゃんと自分に合った仕事を見つけたとき、あなたは満ち足りた毎日を送ることができます。

05.
妥協は「幸せ」の放棄

「妥協は良くない」ということを、小さな物事に当てはめていきましょう。人生はあなたが思っている以上に短いものなので、幸せになるためには最善を尽くすことです。

日々の生活の中でも、深い悲しみや満たされない不満を抱くことがありますが、人生は常に前向きでいたいもの。

幸せになるためには「妥協」を減らすことが大切なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
旅には、人生が凝縮されています。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
「楽しい人生にしたい」と思ってはいても、一度落ち込んでしまったらなかなかその状態から抜け出すのは難しいものです。そんなふうに人生にもがき苦しんでいるときは...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
「失恋」目前の人に、別れる前にやっておくべきこと、失恋の忘れ方、人生にどう影響を与えるかなど、恋愛アドバイスをまとめました。
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
20代ほど人生設計に悩み、多くのアドバイスが必要なときはないかもしれません。まだ大人になりきれずに悩み、落ち込むこともありますが、信頼できる友だちがいれば...