人生、逃げるが勝ちってこともあるんです。

「嫌なことから逃げるのは、恥ずかしい」。そう思って我慢し続けるのはつらくありませんか?じつは何かから逃げることは、「自立して、自分と向き合うこと」でもあるんです。そう教えてくれるのは、ライターのLauren Martinさんがまとめた「Elite Daily」の記事。

だからと言って、何でも逃げればいいということではありません。彼女の記事から、逃げるべきものを見極めてみてください。

01.
不安ばかりの恋愛関係

体の関係はあるけれど、愛情が感じられないし、十分な会話もない。こんな関係が不毛であることは、あなた自身もわかっているはず。だったら今すぐ終わらせるべき。

その相手とは距離を置いて、心を切り離すように努力をしましょう。

02.
本当にイヤな仕事

自分から仕事を辞めるのとクビになるのは、まったくの別物です。仕事を辞めることは恥ずかしいことじゃないけど、自分に合う仕事を本気で探そうとしないのは、恥ずべきこと。今の仕事がイヤだイヤだと愚痴ばかりなら、すぐに辞めましょう。

働くこと自体がイヤなら、働く気になるようにモチベーションを高めるか、負担にならず稼げる方法を本気で探せばいいのです。怠惰さは言い訳できないけど、辞職する理由だったらいくらでもあるでしょ?

03.
しつこくて苦手な友だち

10年来の友だちだとしても、その人とまた10年間付き合わなきゃいけないっていうルールはないのです。

誘われるたびに断る理由を考えているくらいなら、その人との関係は早めに終わらせるべき。誘いを15回断り続けるよりも、その人と1回だけ真剣に向き合うことのほうが、はるかに楽なはず。

04.
何かと頼ってくる友だち

人は自分を支える方法を身につけてこそ、他者との関係に本気で取り組むことができるもの。自分を大切にすることよりも友人を支えることのほうが多いなら、その関係は見直してみましょう。

友人が助けを求めているのに「見捨てなさい」とまでは言いませんが、毎回「レスキュー」を必要としているなら、いっそ救助隊でも呼んであげましょう。

05.
最悪なルームメイト

ルームメイトとの相性と、あなたが崖から飛び降りたくなる回数は比例するって言っても過言ではありません。だって、一緒に暮らす相手にイライラしていたら、自分の人生そのものがイヤになるでしょう?

そんな人のために人生を無駄にすることなんてないのです。相手がトイレットペーパーを買いに行くのを放棄するなら、あなたも関係を放棄すればいいのよ。

06.
退屈な街

たいていの人は、自分が住みやすい場所を自然と見つけているもの。世界は広いし、今の環境がつまらないなら、あなたをハッピーにしてくれる場所を探してみましょう。きっと、いくらでも存在するはずなんです。

なのに、どうして退屈だと思う街で生き続けようとするのでしょう?過去は振り返らず、その場から離れてみる勇気を。

07.
誰かが決めた将来

あなたの決めた夢じゃないなら、従うことなんてありません。誰かが決めたプランから逃げたって、恥ずかしくないし、むしろそれは正直でカッコいいと思うんです。

自分のために生きることこそ、立派な人生。いい方向に向かっているのなら、いつでもそこから逃げ出していいんです。

08.
無責任な他人の意見

人からの意見なんて、それを発言した人と同じくらい勝手だし、あなたの人生に必要ないものかもしれません。

本当にあなたを動かすのは、あなた自身。人から言われたことばかり気にしないで、自分の意思に従えばいいのです。

09.
傷ついた過去の自分

「自分を変えることはできない」なんて、誰が言ったのでしょうか?私たちはAppleの製品と同じくらい、1年間で何度もアップデートできるんですから。

過去には、いろいろなバージョンのあなたがいました。それが、成長。傷ついたら過去の自分は捨ててしまいましょう。

10.
身近にいる、逆らえない誰か

あなたに必要なのは、1度でいいから「ノー」と伝えること。その1度だけ、その人を突き放せばいいのです。でも思い切ってやらないと、相手を永遠に切り離すことことはできません。

自分の意見を言えないような関係なら、それはもう普通じゃありません。不当な雇用関係みたいなものです。だってあなたは、その人のために動いて、見返りをまったくもらっていないのですから。

11.
過去の失敗

いつまでも失敗を引きずっていると、成功を手にすることもできません。思い切って、失敗は過去に置き去りにしましょう。失敗から何かを学んで成長が実感できたら、遠くに投げ捨ててしまえばいいのです。

12.
足りない「なにか」を探すこと

あなたは「他人」になろうとしなくていいのです。誰かと比べて「自分にないもの」を探すのではなく、「あなた自身」と向き合うことが大切です。

他の誰でもなく、あなたはあなたです。他人と比べることをやめれば、周りの人があなたを目指すようになるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
旅には、人生が凝縮されています。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
何かから逃げる夢というのは、よく見る夢のひとつかもしれませんね。夢の中でも恐怖をともなうため、あまり良いイメージはないのでは?ここでは逃げる夢の身をご紹介。
人生には辛い時もあります。が、それを乗り越えなければいけません。困難な状況を、他人よりもうまく切り抜けることができる人に共通することがあります。それは、考...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
スペインの「マクドナルド」は「Big Good」と名付けられた特別なハンバーガーを発表。この商品は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた農園を支援するた...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
人生は1度きり。だからこそ、夢や目標にチャレンジすることで「満足できる人生」、そして笑顔が絶えない「楽しい人生」を送りたいですよね。あなたの周りにはきっと...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
25歳までに蓄えた経験という名の財産は、この先の人生を大きく左右することでしょう。もちろん、いくつになっても人は成長し続けるし、変化していける。早いうちに...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...