今日からはじめる。人生をもっと良くする7つの方法

30代になり、ここから自分を変えていくのは難しいだろう...と諦めかけているあなた。ぜひ、読んでもらいたいのは、「Inc.」のライターElle Kaplanさんの「人生をもっと良くする7つの方法」という記事。

今はなかなか柔軟に動けなくても、ステップさえ踏めば思い描いていた「理想の自分」になれる日もそう遠くないかもしれませんよ。

01.
将来に向けて
毎日、少しでも「動く」

Harvard Business Review」のリーダーシップアドバイザーであるPeter Bregman氏は語ります。

「〝今〟やらないといけないこともたくさんありますが、そんな中でも、将来の理想像に近づくために時間を割くことも必要不可欠です」

ビジネスをはじめたいのであれば、日々、少しづつ努力を費やすこと。すぐ結果を出すことは難しいかもしれませんが、毎日労力を注いでいれば、次第に形になっていくものです。

02.
日記を書いて
「幸せ」をつくってみる

スタンフォード大学にはなんと「幸せをデザインする授業」があります。この授業で勧めているのは、幸せな気持ちになった出来事を日記につけること。

日記に書くと、自分が「幸せに感じること」のパターンが見出せます。それを毎日の生活に取りいれることで、もっとハッピーな人生を送ることができる、という提案なんです。

03.
ときには諦める

習い事や仕事、習慣など。ずっと続けているのに、なかなか結果が出ないことってありませんか?自分にとって「イイ」と思ってはじめたものの、あまり楽しめず、なんだか前に進めてない…。

そう感じるのであれば、そろそろ辞めどきかもしれません。自分に合わないものだって、あって当たり前。それに気づけているのは、新しいことにチャレンジする余裕ができてる証拠です。

04.
安らげる時間をつくる

スマホが欠かせない現代だとなおさら、「何も考えない時間」をつくるのは困難です。時間があれば旅に出ましょう。予算が足りなければパソコンの画面から離れてみるのもいいでしょう。

コーネル大学の調べによると、画面から離れる時間を設けた社員たちの方が、約13%正確性を持って仕事に取り組めたそう。静かな場所で瞑想したり、ちょっと散歩に出かけてみるのも十分な気分転換になります。

05.
すてきだと思う人に
近づく

ハーバード大学医学大学院のNicholas Christakis医師の研究結果によれば、よく笑うポジティブな人間が周りにいると自分も自然と前向きになり、ネガティブですぐイライラするような人間が周りにいると自分も後ろ向きになりやすいことが証明されています。

なぜか惹かれる人がいるのであれば、積極的にいっしょに時間を過ごしましょう。そうすれば、いつの間にか相手のいい要素を自分に取り入れられるはずです。

06.
本当にやりたいことだけに
集中する

米投資家であるウォーレン・バフェットは、目標を高く持つ人にこう助言します。

「いま自分が目指しているゴールを25個書き出し、優先したいものを5つ選んでください。その5つに特化したものだけに集中して取り組みましょう。その他にはすべて〝ノー〟と言うこと」

あれこれ手を出していては、目標を達成するのに時間がかかってしまいます。狙いを定めることで、ゴールは掴めるのです。

07.
恐れず、飛び込んでみる

アメリカのファーストレディであるエレノア・ルーズベルトは、こんな名言を残しています。

「毎日ひとつ、〝怖い〟と思うことに立ち向かってみて」

最初の一歩を恐れているなら、思い切って踏み出してみましょう。気になっていた会社の面接を受けたり、ずっと前から話したかった人に話しかけてみたり。思いつくものは片っ端から、一つずつ攻めていきましょう。

Licensed material used with permission by Elle Kaplan

関連する記事

人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
スティーブ・ジョブズ、ダライ・ラマ、ウサイン・ボルト。異なる分野の第一線で活躍する彼らに共通して言えることは「日々努力を重ねてきた」ということ。あの大きな...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
旅には、人生が凝縮されています。
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
人生には辛い時もあります。が、それを乗り越えなければいけません。困難な状況を、他人よりもうまく切り抜けることができる人に共通することがあります。それは、考...
あなたの寝る前の「習慣」は大丈夫?安眠するにはどうしたら良いかを、Caroline Burkeさんが「Elite Daily」に綴っている。読むと、世の中...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...

おすすめ記事

米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...