成功者が絶対に忘れない「8つの心得」。そもそも、失敗の概念が違った!

成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。
I Heart Intelligence」のこの記事では、覚えておくべき8つの真実がまとめられています。壁にぶつかっている人は、要チェック!

shutterstock_166701908_R


01.
居心地の良さは捨てるべき

100%準備ができている時には、チャンスは来ないもの。準備、知識、スキルがまだ十分ではないと感じる時にチャンスはやってくるのだ。準備ができていないからといって、そのチャンスを無視するべきではない。
人生を変えるようなチャンスは、精神的にも知識的にも成長させてくれる。コンフォートゾーンを抜け出さないといけない時でも、ベストを尽くすようになる。居心地の良さを犠牲にすると成長のチャンスが得られるのだ。人生をいい方向に変えたければ、訪れるチャンスにオープンでいよう。たとえ、100%の準備ができていなくても。

02.
多くの人は失敗の意味を
履き違えている

「失敗」という言葉の意味は誤解されがち。なぜそんなに失敗を恐れるのか?成功と同じくらい自然なものであるのに。失敗とは成功しないことではない。成功は目標達成で計られるべきではない。みんなが成功したと感じられる心の状態にあれば、それは成功なのだ。

03.
行動こそがすべて!

shutterstock_220619596_R

「知は力なり」と耳にすることがよくある。でもそれは、使ってこそ力になる。実行方法を知っていることと実際に実行することはまったく違うこと。先延ばしをやめる方法についての本や記事を読んだとしても、実行に移し、克服できなければ意味がない。知識と知性は行動が伴わなければ役に立たないのだ。

04.
失敗だって、前進のひとつ

人生を振り返ると、過去の失敗が価値ある教訓を教えてくれたことに気づくかもしれない。失敗が強く賢く成長させてくれるなら、なぜ人は失敗を恐れるのか?
ゴールへ向かう中でのあらゆる失敗が目標達成に近づくためのステップ。一番後悔すべきは、失敗を恐れ、行動を起こさなかったことだろう。怖がらなかったらどうなっていただろうといつまでも考えてしまう。確実でないことを恐れずに、挑戦して、どうなるか見てみよう。

05.
選択肢が多いと
感情に流されてしまう

キャリアや人生の方向を決めるには選択肢が溢れすぎている時代。しかし、そのことによって混乱し、決断できなくなりがち。
ビジネスやマーケティングでも顧客にとって製品の選択肢が多過ぎると購入数が減るという研究がある。考えてみると、3製品の中からひとつ選ぶのは、100製品の中からひとつ選ぶよりずっと簡単なはず。購入を決定するプロセスが大変だと、人は簡単に諦めてしまうのだ。

06.
成功=幸せではない

shutterstock_199141433_R

ある目標を達成しなければ幸せになれないと信じる人も多い。私の考えでは、目標までの道のりのどこにいたとしても、幸せになることを選択できる。
Robin Sharma氏の著書『フェラーリを売った僧』は私が読んだ中で最も刺激を受けた本。著者がシェアした考え方は、幸せになるためには夢を実現するまで待たなくてもいいということ。主人公はその国でもっとも成功した人物の一人。欲しいものはすべて手にしたにも関わらず、幸せではなかった。一番大切なことは、毎日の一瞬一瞬を大切にし、自分自身といま手にしているものに感謝することだ。

07.
嫌いなことでも得意になれる

得意になるためには、それを好きになる必要があるという人もいる。私の考えでは、これは必ずしも正しくない。あるスキルを習得するために時間と努力を費やせば、素晴らしい技術を身につけられるはず。好きか嫌いかは成功を決める要因ではない。

08.
他人に見るものは、
自分にも存在する!

誰かとの関係に問題があることは、自分自身を知る助けになる。なぜ他人に問題点があるのかを知る助けになり、しかも、それは自分自身に当てはまることもある。だから、それを目の前で見ることになるとイライラするのだ。しかし、他人に見えることは自分自身を映しているかもしれないと知っておくと、解決できていない問題を乗り越える助けになる。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...
「失敗は成功のもと」は誰もが知っている言葉。しかし、意味は理解できてもどうすればそれを信じることができるのか、というのはまた別の話。「Spanx」を設立し...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成...
あるチームを“Fortune 100”に導いた経験もあるGordon Tredgold氏は、成功への秘訣を「Inc.」で紹介しています。意識をすれば、自分...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
何かに失敗し、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と落ち込んでしまったことは、きっと誰にでもありますよね。長い目で見るとその経験が成功につながることも多い...
「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちませ...
世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、...
世界に名を馳せるトップリーダーたち。 彼らには誰よりも「成功」や「栄誉」という言葉がよく似合う。 しかし、実はそんな成功の頂点に立っている彼らこそが、凡人...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
「WittyFeed」のFacebookで興味深いイラストが紹介されていました。それは、成功する人としない人の、行動や習慣の違いをシンプルに表したもの。画...