人生を豊かにするため、今年こそやめたい「12のネガティブ習慣」

成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の習慣」についてまとめています。

たくさん当てはまるものがあったら要注意ですよ。今年こそ悪い習慣を断ち切って、人生を切り替えていきましょう。

01.
砂糖たっぷりの
朝ごはん

6327836398fa1beae92f2dc861e1e0423c60be61

砂糖ほど急速にエネルギーになり、急速にエネルギーを奪うものはありません。

糖分は最小限にとどめて、オートミールをはじめとした、ゆっくりとエネルギーに変わる炭水化物を摂りましょう。

02.
朝、テレビに夢中

最近、自分である実験をしてみました。朝食を食べるとき、毎日テレビを見る週とクラシック音楽を聴いたり読書する週とを比較してみたのです。その違いは驚くべきものでした。

テレビを見ていた週はなんだかふらふらして何事にも自信が持てませんでしたが、読書とクラシック音楽で過ごした週は、とても脳がスッキリしていてアイデアに溢れていたのです。

03.
時間に遅れてばかり

Cbdf8de56bb5551943ea16c512e7bb3b929c2f2a

以前、同僚がこんなことを言っていました。「時間ぴったりは遅刻と同じだ」と。とてもいい台詞だと思いませんか?もし、あなたがいつも時間ぴったりの行動だったり遅刻しているなら、それは自分で不利な状況を積み重ねているようなもの。

5分〜10分早く着くようにすれば、気持ちの準備ができて、もっと効果的に時間を使うことができます。

04.
確信犯的に
「二度寝」する

朝目覚めるためのアラーム。毎晩セットするときは、心の中で「この時間に起きて、元気いっぱいに一日を迎えよう」と思うはず。でも翌朝にアラームが鳴ると、眠い目をこすりながら時計を見て、スヌーズに頼って二度寝…。

これは、一日がはじまる前、つまりベッドから出る前からすでに自分自身を裏切っていることと同じです。

05.
ランチを食べない

E93f55fa99137f79913f0a442086b2aa88c0af2c

日中何も食べずに空腹で仕事を終えるのは、他の不健康な習慣と同じくらい体に良くありません。

どんなに忙しくても、体と心がちゃんと働くように必ず昼食を食べましょう。

06.
本当はやりたくないのに
イエスと言う

心の中ではノーと言っているのだから、その声に耳を傾けましょう。

07.
一度にたくさんの仕事を
進めようとする

F25ea8706138354d702a5cd9f693c92c12decf0d

マルチタスクなどというものは存在しません。本当に集中してできるのは、ひとつのことだけ。

集中力を散らして同時にふたつのことをやろうとすれば、結局はどちらもひどいものになるでしょう。ことわざにもあるように、「二兎を追うものは一兎をも得ず」です。

08.
スマホを気にしてばかり

振動したと思ったけど、実際はそんなことなかった。そういう経験はありませんか?それはスマホを気にしすぎていて、目の前のことから気が散る習慣がついてしまっているから。スマホをチェックする回数は、最小限にとどめましょう。

09.
毎日誰かと遊ぶ

5088a2912863731f0d501540673b9bc8c0732e81

これはとてもシンプルで「人生の中で本当にやりたいことは何?」という問題です。誰かと遊んだりお酒を飲んだりすることは、ワインを飲むような贅沢な時間です。でも、毎日するようなことではありません。あくまでも計画的に楽しむものです。

大きな目標を達成したいと思うなら、なんとなくで遊びに行くことは最小限にしましょう。一緒に時間を過ごす人は、同じゴールを目指す仲間のほうがいいでしょう。

10.
失敗を人のせいする

他の人を責めても、何の得にもなりません。失敗から学んで先に進むチャンスを先延ばしに、もしくはその機会を奪ってしまうだけです。

これからは人のせいにする代わりに、自分の胸に手を当ててみてください。どうしたらうまくいったのか、次はどうすべきなのかを考えましょう。

11.
仕事のし過ぎで
自分を見つめ直さない

F9d9bfde35d12b94f5c30bfb5f0aa53d0cc01e80

自分を見つめ直す時間が無駄だと思っている、多くの人たち。これは、いつも「何かしていなければならない」と感じているからです。ゴールを決めて、そこにたどり着くためにベストを尽くすのはもちろん大切なこと。でもそれは、いつも自分を見つめ直して、何をやるべきなのかを明確にしているからこそできること。

時には一歩引いた目線から、次に5歩進むためには何が必要なのかを見つめてみてください。

12.
見栄を張るための
無駄な出費

夜遊びにお金を使ったり、自分の見栄のためにお金を使ったりしているなら、残念ながら不幸へ一直線です。

本当の裕福さは、手に入ったそばからお金を使うことではなく、貯蓄と投資を通じて形作られるもの。貯蓄、投資、貯蓄、投資、その繰り返しです。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
女性ライターSilvia Mordini氏が、今すぐやめるべき「15の習慣」をまとめています。この記事によると、日々の行動を改善するには「やるべき」よりも...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
どんなに大きい夢や達成困難に見える目標でも、まずは「絶対にできる」「やるぞ」と信じるところがスタート地点です。でも現実は失敗ばかりで、くじけそうになること...
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
「成功」には、ひらめき、努力、運、さまざまなものが必要だと言われていますが、何より「習慣づけること」は大切です。やめることは誰にだってできますが、続けるこ...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
誰でも幸せになりたいものですが、なぜか“不幸”を呼び寄せてしまう人っています。でもそれには、“幸せではない人”のやりがちな行動や特徴があるからです。アメリ...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
「まだ若いから」という理由で、いま何かと向き合うことを避け続けているのであれば、それはいずれ自分の首を絞めることになるでしょう。見て見ぬフリをすることに、...